エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 防災のページ > 災害別情報 > 感染症 > 新型コロナウイルス関連《総合》情報【第2波に備え新しい生活様式へ】


ここから本文です。

新型コロナウイルス関連《総合》情報【第2波に備え新しい生活様式へ】

ID番号 1036279

【兵庫県の新型コロナウイルス感染症の対策】

 宝塚市では、新型コロナウイルス感染症への対策を、兵庫県と連携し実施しているところです。

 24時間対応コールセンター(新型コロナウイルス感染症についての予防・検査・医療に関するご相談)
 電話:078-362-9980
 ファクス:078-362-9874
 兵庫県緊急事態措置コールセンター(新型コロナウイルス感染症についてのその他、緊急事態措置等に関するご相談)
 電話:078-362-9921
 受付時間:午前9時~午後6時(土曜日・日曜日・祝日を除く)
 休業要請事業者経営継続支援事業に関するお問い合わせ専用ダイヤル
 電話:078-361-2281
    078-362-9301
 受付時間:午前9時~午後6時(土曜日・日曜日・祝日含む)

 兵庫県の対策の詳細につきましては、下記のリンクページをご覧ください。
 兵庫県の休業要請に関する情報も掲載されています。

【国からの布製マスク配布について】

 国から直接、全国の世帯に向けて、順次、一住所あたり2枚ずつ布製マスクが配布されます。
 布製マスクは、使い捨てではなく、洗剤を使って洗うことで、何度も再利用可能ですので、新型コロナウイルスの感染防止を図るため、ご活用ください。
 咳などの症状がある人はもちろん、症状がない人でも感染拡大防止のため、マスクを着用して頂くほか、手洗い、咳エチケットの徹底をお願いします。

 お問い合わせは下記に直接お願いします。

布マスクの全戸配布に関する厚生労働省の電話相談窓口
電話:0120-551-299
受付時間:午前9時~午後6時(土曜日・日曜日・祝日含む)

 布マスク配布に便乗した送り付け商法に注意してください。(高齢のご家族に注意するようお伝えください。)

 布製マスク配布の詳細につきましては、下記のリンクページをご覧ください。

【市民の皆様へ】

 本市では、県、県宝塚健康福祉事務所(県宝塚保健所)と連携しながら、ホームページや安心メール、広報たからづか臨時号などの感染防止啓発、5月末までの学校園の臨時休校・公共施設の臨時休館・イベントの中止、事業所相談、医療機関・福祉事業所へのマスク配布、納付相談などに取り組んできました。さらに、当面の間、市職員の時差出勤の実施、市庁舎1階市民ホールの共用執務スペースとしての活用、一部部署の執務場所の分散、昼休憩時間の分散など、同じ時間帯に同じ空間に滞在する職員の数を出来るだけ少なくする取組の他、内定取消新卒者等の会計年度任用職員採用、水道料金・下水道使用料の減免、市営住宅の提供、妊婦の方々へのマスク配布、事業所等への賃料補助を実施しています。
 引き続き、県、県宝塚健康福祉事務所(県宝塚保健所)と連携を密にし、市民の皆様とともに感染症拡大防止に取り組みますのでご理解ご協力いただきますようお願いします。

◎新型コロナウイルス感染症は、高齢者や基礎疾患をお持ちの方は、重症化するリスクが高いことが報告されています。そのため、市民の皆さま一人一人がこの感染症に罹らないための予防策を徹底していただくことに加え、重症化のリスクが高い高齢者をその下の世代の方々が守るという意識を持つことが重要です。

◎市民の皆様には、
 今後、感染拡大の第2波のおそれもあり、いのちと健康を守るため、引き続きご協力をお願いします。
 不要不急の外出を控えてください。
 不要不急の旅行や帰省等、特定警戒都道県や府県をまたぐ移動を控えてください。
  「3つの密」の懸念のある集会・イベントへの参加を避けてください。
 発熱、咳、味覚や嗅覚に異常がみられる等の症状がある方は特に、外出を自粛してください。

 ◎換気の悪い「密閉」空間、多くの人が集まる「密集」場所、近距離での会話や発声などが多くなる「密接」場面の「3密」を避け「ゼロ密」を目指しましょう。3つの「密」が重複する場合に限らず、たとえ1つの「密」の状態でも感染リスクが高まります。

 家庭内感染防止のため、外出時だけでなく、ご家庭においても、手洗い、咳エチケット、換気、共用部分の消毒など予防の徹底をお願いします。
 通常の家庭用エアコンは、空気を循環させるだけで、換気を行っていません。別途、換気を確保してください。また、一般的な空気清浄機は、通過する空気量が換気量に比べて少ないことから、新型コロナウイルス対策への効果は不明です。

 乗用車のエアコンでは「内気循環モード」ではなく「外気モード」にしましょう。

◎引き続き、在宅勤務(テレワーク)やTV会議、職場でのローテーション勤務、時差出勤など人との接触を減らす取組をお願いします。

◎マスクを着用していると、喉の渇きに気づきにくくなります。また、体に熱がこもりやすくなり、体温調整がしにくくなることがあります。 こまめに水分補給をすること、熱を逃がすこと、休憩することを意識してください。

◎国の専門家会議の提言では、新たな感染者の数が限定的となった地域では再び感染が拡大しないよう「新しい生活様式」に切り替える必要があるとして具体的な実践例が示されましたので、皆様も取り入れてください。

◎自宅中心の生活が続くため、健康維持に努めていただくようお願いします。

◎新型コロナウイルス感染症については世界で流行しています。

【新型コロナウイルス感染症患者の発生状況】

【窓口の混雑緩和・郵便やインターネットでの手続き】 (5月11日更新)

【市の施設の休館等、イベント中止・延期等のお知らせ】 (4月30日更新)

【各種保険料・使用料等の減免等のご案内】(5月15日更新)

【特別定額給付金について】(5月12日更新)

コールセンター
電話:0797-61-8760
  (平日:午前9時~午後5時30分まで)

【その他相談】 (5月12日更新)

【採用】(4月24日更新)

【健康・福祉関連】(5月12日更新)

【医療関連】(5月8日更新)

【教育関連】 (5月21日更新)

【子育て関連】 (5月13日更新)

【公園関連】

【事業者・労働者、観光・文化 関連】 (5月15日更新)

【市議会関連】

【外国語・ごみ・消費者啓発 等】(5月19日更新)

【人権関連】

【市民協働関連】 (4月28日更新)

【上下水道局関連】(5月1日更新)

 【その他 市民の皆様へのお願い】 (4月30日更新)

 感染症に関する真実に基づかない噂やデマが流れることがありますので、市民の皆様におかれましては、厚生労働省、県、県健康福祉事務所(保健所)、市からの情報に基づき冷静に対応していただきますようお願いします。
 「深く息を吸って10秒我慢し咳や息切れがなければ、新型コロナウイルス感染の可能性は低い」、「15分ごとに水を飲むことはコロナウイルスと戦う効果的な方法である」と言った科学的に根拠ないデマが流れることがありますので注意してください。

 全国スーパーマーケット協会から、4月20日16時32分のツイッターにおいて、「緊急事態のいま、当協会として、お客様のご協力をお願いしたいことは「入店人数を抑えて」「距離をとって買物を」「短時間で買物を」「不要な問い合わせは避けて」「マスクの着用を」です。混雑緩和、感染拡大防止のため、ご理解、ご協力をお願い申し上げます。」と発信されています。

 スーパーマーケット、コンビニエンスストアや薬局等での食料品・生活必需品・医薬品等の買い占めは、本当に必要とする市民の方が購入できなくなるおそれがありますので、厳に慎むようお願いします。外出自粛要請の中、お店の皆さんも頑張って業務を継続していることに対して、皆様からの気遣いも大切です。

 日本家庭紙工業会によると、「●トイレットペーパー、ティシューペーパーについては殆どが国内工場で生産されており、新型コロナウイルスによる影響を受けず、現在も通常通りの生産・供給を行っております。また原材料調達についても中国に依存しておらず、製品在庫も十分にありますので、需要を満たす十分な供給量・在庫を確保しています。●現在、一部地域では一時的に購入しにくい状況となっておりますが、物流が整い次第、消費者の皆様のお手元に届くようになります。どうぞご安心ください。」とのことです。

【兵庫県・大阪府・京都府の発生状況】

【その他】(5月18日更新)