エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 防災のページ > お知らせ > 防災啓発・情報伝達 > 弾道ミサイル落下時の行動について


ここから本文です。

弾道ミサイル落下時の行動について

ID番号 1020828 更新日  平成29年10月11日  印刷

弾道ミサイル落下時の行動について

昨今の情勢を踏まえ、弾道ミサイルが落下する可能性がある場合に市民の皆様がとるべき行動について、次のとおり掲載していますので、自身の身を守るための一助としていただきますようお願いします。

ミサイルが日本に落下する可能性のある時。

弾道ミサイルは、発射からわずか10分もしないうちに到達する可能性もあります。ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、国からの緊急情報を緊急速報メール等によりお知らせします。

メッセージが流れたら、落ち着いて直ちに行動してください。

屋外にいる場合は、市内の公立小・中・養護学校及びくらんど・まいたに・ひらいの各人権文化センターが避難施設となっていますが、建物(できれば頑丈な建物が望ましいですが、近くになければそれ以外の建物でも構いません。)の中や地下(地下街や地下駅舎などの地下施設)に避難してください。

建物がない場合は、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守ってください。

屋内にいる場合は、窓から離れるか、窓のない部屋に移動してください。

 近くにミサイルが落下したら。

屋外にいる場合は、口と鼻をハンカチで多い、現場から直ちに離れ、密閉性の高い屋内または風上へ避難してください。

屋内にいる場合は、換気扇を止め、窓を閉め、目張りをして室内を密閉してください。

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

都市安全部 危機管理室 総合防災課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁2階
電話:0797-77-2078 ファクス:0797-77-2102
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。