宝塚市本文へジャンプ 宝塚歌劇100周年

携帯サイトへ  English  Korean  Chinese  テキスト版
〒665-8665
宝塚市東洋町1番1号 電話:0797-71-1141(代表)

 よくある質問     お問い合わせ 

Yahoo! JAPAN 検索について  

  ホーム  >>  市の組織・業務案内  >>  総合防災課     現在表示するページをテキスト版表示に切り替えます

 都市安全部  危機管理室

総合防災課 

 宝塚市防災のページ 掲載担当部署
総合防災課 
平成26年2月12日更新
 
宝塚市防災のページ
 


目次 

 
@ 市民の皆様にお願いしたいこと
   ・家庭でできる災害への備え
   ・自治会、自主防災会の皆様へ

 A 宝塚市避難所等一覧
   ・宝塚市避難所・避難地等一覧
   ・宝塚市防災マップ等

 B 防災に関する情報
   ・宝塚市安心メール(
大雨警報洪水警報などをメールで受信できます)
   ・宝塚市雨量情報

 C 災害の記録(阪神淡路大震災)

 
D 林 野 火 災

 
E 防 災 訓 練
   ・宝塚市総合防災訓練
   ・その他の訓練
   ・宝塚市活断層図
   ・エフエム宝塚緊急放送

 F 防災に関する計画等
   ・宝塚市地域防災計画
   ・水防計画
   ・避難勧告等の判断・伝達マニュアル

 G 宝塚市の国民保護

 H 宝塚市危機管理指針

 I そ の 他
   ・宝塚市退職者による災害時ボランティア

     


@ 市民の皆様にお願いしたいこと

家庭でできる災害への備え
 日頃の備えが、あなたや家族を守ります!!
○家庭でできる災害への備え

自治会・自主防災会の皆様へ
 各家庭で十分な災害への備えを行うだけでなく、地域での連携を図ることで、「地域防災力」の向上を目指しましょう!!
○自治会・自主防災会の皆様へ

↑目次へ戻る↑


A 宝塚市避難所等一覧

宝塚市避難所・避難地等一覧
○宝塚市避難所・避難地等
宝塚市防災マップ等
○宝塚市防災マップ等

↑目次へ戻る↑


B 防災に関する情報

宝塚市安心メール
 大雨警報洪水警報などの気象警報を受信することができます。
宝塚市安心メール

宝塚市雨量情報
 市内15箇所の雨量計をテレメーター化し、その雨量情報をインターネットで公開しています。
(雨量計設置個所)
@消防本部 Eよりあい広場 J東消防署
A東消防署雲雀丘出張所 F西谷サービスセンタ− K上佐曾利会館
B西消防署南部出張所 G宝塚北高校 Lみどりのリサイクルセンター
C東消防署米谷出張所 Hゆずり葉堰堤 M武田尾公衆トイレ
D東消防署中山台出張所 I西消防署宝松苑出張所 Nふじガ丘会館
インターネット:http://www03.city.takarazuka.hyogo.jp/
 市内15箇所の雨量情報をインターネットで公開しています。情報の内容は、「降り始めの時刻」「降り終わりの時刻」「1時間雨量(10分更新)」「正時1時間雨量」「連続雨量」です。
携帯端末ホームページ:http://www03.city.takarazuka.hyogo.jp/i/index.html

宝塚市活断層図
 国土地理院のホームページにて「都市圏活断層図」が公開されています。
都市圏活断層図(国土地理院のページ)

緊急地震速報
 緊急地震速報は地震の発生直後に、可能な限り素早く知らせる情報です。
  詳しくは下記の気象庁ホームページをご覧ください。

気象庁ホームページ

緊急地震速報について
☆  緊急地震速報とは
☆  緊急地震速報の内容
☆一般向けリーフレット
   最新版「緊急地震速報って知ってる!?」
 子どもたちにも広く知られている「クレヨンしんちゃん」をキャラクターに用い、裏面では緊急地震速報を見聞きした時の行動などを解説したリーフレットです。
 宝塚市内でケーブルテレビ等のサービスを提供しているJ:COM(株式会社ジェイコムウエスト)では、緊急地震速報を受信できるサービスを行っています(月額504円(税込)〜)。詳しくはホームページをご覧下さい。
J:COM
J:COMホームページ

エフエム宝塚緊急放送
 災害が予測されたり発生した場合、エフエム宝塚(83・5メガヘルツ)は、番組を変更して、市災害対策本部などからの情報を放送します。
エフエム宝塚ホームページ

↑目次へ戻る↑


C 災害の記録

阪神淡路大震災
( The Great Hanshin−Awaji Earthquake )
 平成7 年1 月17 日午前5 時46 分、兵庫県淡路島北部を震源とする震度7(マグニチュード7.3)の大地震が発生し、阪神・淡路北部を直撃。気象庁はこの地震を兵庫県南部地震と命名した。この地震による被害は兵庫県を中心に阪神地域一円にわたり、特に震源地に近い淡路島北西部や神戸市、芦屋市、宝市等において多数の人命が失われるとともに、住宅、ビル、工場、鉄道、ガス、水道等に大きな被害をもたらした。地震の被害がきわめて大きかったことから、政府は「阪神・淡路大震災」の名称を使用することを閣議決定した。

1 地震の被害
  阪神・淡路大震災について(確定報)2006年 05月 19日 15時 00分 消防庁
2 宝塚市内の被害状況
 震災の起きた次の日、1月18日には避難者数15,945人に達した。
 また、避難所は1月20日に最大の65カ所が開設され5月21日閉鎖した。
 避難勧告は、逆瀬台6丁目(1月21日)と紅葉ガ丘(1月22日)の2地区160戸、484人に対して出された。
 そして、火災は全焼2件、一部焼損2件、車両の焼損1台。
 死者は118人(男43、女75人)、負傷者2,201人(重傷393人、軽傷1,808人)であった。
 建物も1 月22 日現在で全壊3,559 棟、5,541 世帯、半壊9,313 棟、14,819 世帯、
 一部損壊14,305 棟、20,905 世帯の被害を受けた。
  
 ○ 被害状況概要(地域防災計画抜粋)
 ○ 市内の被害状況写真
▲ 川面・栄町方面 ▲ 中山寺方面
▲ 売布・小浜方面 ▲ 山本・中筋方面
3 震災ドキュメント(震災から1年)
★平成7年 1月 ★平成7年 2月
★平成7年 3月 ★平成7年 4月
★平成7年 5月 ★平成7年 6月
★平成7年 7月 ★平成7年 8月
★平成7年 9月 ★平成7年10月
★平成7年11月 ★平成7年12月
★平成8年 1月

▲被害状況の写真及び震災からのドキュメントの一括ダウンロードはこちらから

↑目次へ戻る↑


D 林 野 火 災

山火事の防止について
長尾山林野火災写真1 長尾山林野火災写真2
(平成16年1月25日撮影)

山火事について
 例年宝塚市では、春先に山火事が多発しています。
 この時期には、秋に枯れた樹木の葉や雑草類などが乾燥し積もるため、非常に燃えやすい状態になっています。また、気候が良くなりハイキングなどの入山者が多くなることも火災の増える原因と考えられます。
 山で自然発火することはまずありません。原因の多くは焚き火やタバコなどの火の不始末によるものです。
 山火事は近隣の住民に多大な不安を与えるだけではなく、大切な自然資源を焼失させることとなります。
 幸い本年発生した山火事では、兵庫県防災ヘリ及び阪神間7市1町消防本部の応援もあり、住宅地に被害を及ぼすことなく消火することができました。

山火事防止のために
 山火事を起こさないためには、山に入っても火を使わないことを心がけてください。
 また山の緑を守るために、宝塚市消防本部、宝塚警察署、自治会の方々などでパトロールを行っています。
長尾山山火事防止キャンペーン
(平成18年11月3日実施)

防犯カメラの設置
 市では、山火事防止のため、防犯カメラを主な登山道に設置し、平成20年2月18日に稼働式を執り行いました。
 その後、幸いなことに、林野火災は一度も発生していません。
長尾山防犯カメラ稼働式


E 防 災 訓 練

総合防災訓練
防災訓練
 平成7年の阪神・淡路大震災の被災教訓を風化させないため、毎年、「防災とボランティアの週間」中に、総合防災訓練を実施しています。
平成22年1月15日 宝塚市総合防災訓練
平成23年1月17日 宝塚市総合防災訓練 
平成24年1月17日 宝塚市総合防災訓練
平成25年1月17日 宝塚市総合防災訓練
平成26年1月17日 宝塚市総合防災訓練

その他の訓練
 消防、警察などとの連携は災害対応に必要不可欠であり、協定を締結した民間企業との訓練も重要です。本市では、随時個別対応の防災訓練を実施しています。
平成18年度水防訓練
平成18年度3機関合同潜水訓練
平成18年度宝塚市立病院トリアージ訓練 
平成19年度阪急電鉄平井車庫における列車事故対応訓練


↑目次へ戻る↑


F 防災に関する計画等

地域防災計画
 地域防災計画は、災害対策基本法第42条の規定に基づき、宝塚市の地域において地震や風水害等の災害が発生した場合、宝塚市が実施すべき事務又は業務に関し、また地域内の関係機関の協力業務を含めて、総合的かつ計画的な対策を定め、宝塚市民の生命、財産を災害から守るための計画です。
 なお、地域防災計画は、宝塚市長を会長とする「宝塚市防災会議」によって決定され、毎年見直しを行う計画です。

【平成24年(2012年)版】
第1編 総則・災害予防計画編 (PDF 2,640KB)
第2編 地震対策計画編
第3編 風水害対策計画編
(PDF2,667KB)
第4編 資料・様式編 (PDF 4,349KB)
第5編 大規模事故災害等対策編 (PDF 1,604KB)
〜条例等〜
@宝塚市防災会議条例
A宝塚市防災会議運営規則

水防計画
 水防計画は、水防法(昭和24年法律第193号。以下「法」という。)第33条の規定に基づき、法第1条の目的を達成するために、宝塚市内の河川及びため池等に対する水防上必要な監視、警戒、通信、連絡、輸送及び水門の操作、水防のための消防機関の活動、水防管理団体間の協力及び応援並びに水防に必要な水防倉庫、器具、資材等の整備と運用についての大綱を示したものです。

水防計画(平成25年(2013年)版) (PDF 1253.3KB)

避難勧告等の判断・伝達マニュアル
避難勧告等の判断・伝達マニュアル
(平成25年(2013年)版)
(PDF 347KB)


↑目次へ戻る↑


G 国 民 保 護

国民保護法とは
 平成16年6月に「武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律」(国民保護法)が成立し、9月に施行されました。国民保護法は、武力攻撃事態等において国民の生命、身体及び財産を保護し、武力攻撃に伴う被害を最小にすることができるよう国や地方公共団体等の役割分担やその具体的な措置が規定されています。

宝塚市国民保護計画
 国民保護計画とは、指定行政機関、都道府県及び市町村が、それぞれ実施する国民の保護のための措置の内容及び実施方法などに関して国民保護法に基づき定める計画です。
宝塚市国民保護計画 PDF (1,735KB)
「市民の安全と安心のために」
-宝塚市国民保護計画の概要-
PDF (2,328KB)

〜条例等〜
@宝塚市国民保護協議会条例
A宝塚市国民保護対策本部及び宝塚市緊急対処事態対策本部条例
B宝塚市国民保護協議会運営規程


↑目次へ戻る↑



H 宝塚市危機管理指針

宝塚市危機管理指針とは
 宝塚市危機管理指針は、宝塚市における危機管理に関する基本的事項を定めることにより、総合的かつ計画的な危機管理対策の推進を図り、もって市民(通勤通学者、観光客などの市民以外の者を含む。)の生命、身体及び財産に関する安全及び安心を確保することを目的とするもの。

宝塚市危機管理指針              

↑目次へ戻る↑

       

I そ の 他

宝塚市退職者による
災害時ボランティアの募集について
 阪神淡路大震災から11年を経過し、当時、復旧・復興の指揮を執ってきた職員が次々と退職しており、危機管理の現場には不安感が強まっています。東南海・南海地震など、今後起きるとされる大規模な自然災害の際、阪神・淡路大震災で培ったノウハウを次の世代へ継承するために、災害対策業務に協力していただけるボランティアを下記のとおり募集します。
1 対象者 

宝塚市を退職された方。居住地は問いません。

2 活動内容

宝塚市が実施する各種災害対策業務への協力。
具体的には、申し込み書を参照してください。

3 活動実施基準

宝塚市域内で震度6弱以上の地震又は大規模な浸水などにより、被害が発生した場合。

4 位置づけ

ボランティアとし、報酬はありません。
但し、事故等に備えて、活動時にはボランティア保険に加入します。

5 応募方法 申込書(word)を郵送またはFAXにて提出してください。
6 受付期間 平成19年1月4日(木)から随時受け付け。
7 その他 応募頂いた個人情報については適切に管理し、目的以外には利用しません。
8 受付場所及び
  問い合わせ先

宝塚市 都市安全部
危機管理室 総合防災課(市役所2階)

住 所
 〒665−8665 宝塚市東洋町1−1

電 話
    0797−77−2078
FAX    0797−77−2102


退職者による災害時ボランティア活動イメージ

↑目次へ戻る↑

お知らせ

申請書情報
現在、お届けする情報はございません。

審議会情報

 
このページの先頭へ▲ 
情報掲載担当部署
都市安全部  危機管理室  総合防災課 
所在地  〒665-8665  宝塚市東洋町1番1号
  本庁2階
電話番号  電話:0797-77-2078 防災担当直通
ファックス番号  ファックス0797-77-2102 

ホーム | このサイトについて | 個人情報の取り扱いついて | リンクについて | サイトマップ
宝塚市役所  〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 電話:0797-71-1141(代表)     Copyright©Takarazuka city All rights reserved