エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 安全・都市基盤 > 防犯・交通安全 > 防犯 > 新型コロナウイルスに便乗した詐欺や悪質商法などに注意しましょう。


ここから本文です。

新型コロナウイルスに便乗した詐欺や悪質商法などに注意しましょう。

ID番号 1036639 更新日  2020年4月28日  印刷

新型コロナウイルス対策として、政府から発表された「一律10万円」の給付金に便乗して、
  ●早期の受給申請手続きを促す不審電話
  ●給付金申請手続きの代行業者を名乗り、
   「給付金の申請手続きを代行します」
  「詳しくは、××(電話番号)にご連絡ください」旨の不審メール
 が発生しています。

公的機関や金融機関が、住民の世帯構成や口座番号等の個人情報を電話で聞き出すことは絶対にありません。
給付のために、ATMの操作をお願いしたり、手数料などの振込を求めることも絶対にありません。

また、新型コロナウイルスの感染拡大に便乗し、
  ●義援金の募集や助成金の受取り等を名目とした詐欺
  ●感染した親族を装い、電話等で現金を要求する詐欺
  ●高額でマスクや消毒液の購入を迫る悪質商法
  ●新型コロナウイルスに関する情報を装い、コンピューターウイルスに感染させるための電子メールの送信
  ●その他悪質なデマ情報の拡散
  などが懸念されますので、下記の防犯ポイントを参考にして、注意してください。

  【悪質商法、詐欺などの事案例】
・水道業者を装う者から「新型ウィルスが水道管についている」などと言って、除去費用を要求する事例
・インターネットショッピングサイトで「マスクを販売する」旨を表示して、これを信じた被害者に代金を振り込ませ、だまし取った事例(3/4県内で発生)
・不審なマスク販売広告メールがスマートフォンに届いた。その後、国民生活センターが調査した結果、架空の広告であった事例。
・新型コロナウイルスを口実に、市役所などの行政機関職員をかたった電話や、「行政からの委託を受けている。家を消毒に行く。」等として電話をかけ、自宅を訪問しようとする悪質な事例

上記のほか、独立行政法人国民生活センターに不審な電話等の相談が寄せられていますので、下記のホームページでご確認ください。

  【防犯ポイント】
  ●新型コロナウイルス感染症に関して、覚えのない現金を要求されたり、不審な電話やメールがあった場合には、警察(宝塚警察0797-85-0110)や市(防犯交通安全課0797-77-2020、消費生活センター0797-81-0999)へご相談ください。
  ●公的機関の発表など正しい情報を入手しましょう。  

このページに関するお問い合わせ

都市安全部 生活安全室 防犯交通安全課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁2階
電話:0797-77-2020 ファクス:0797-71-3336
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。