エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 安全・都市基盤 > 道路 > 道路に関する計画 > 宝塚北スマートインターチェンジについて


ここから本文です。

宝塚北スマートインターチェンジについて

ID番号 1001385 更新日  平成29年9月1日  印刷

新名神高速道路スマートインターチェンジ及び休憩施設の名称が決定されました

平成29年度末の供用開始を目標として建設工事が進められている、新名神高速道路(高槻ジャンクション~神戸ジャンクション)のうち、宝塚市内に建設されるスマートインターチェンジなどの名称が以下のとおり決定されました。

今回決定したスマートインターチェンジ及び休憩施設の名称

                施設名称      所在地
宝塚北スマートインターチェンジ (たからづかきた) 宝塚市玉瀬
宝塚北サービスエリア (たからづかきた) 宝塚市玉瀬

 

位置図

宝塚北スマートインターチェンジの設置について

現在、西日本高速道路株式会社により、宝塚市北部に位置する西谷地域を通る、新名神高速道路の【神戸~高槻】間が平成29年度の供用開始を目標に整備が進められています。

併せて、西谷地域の玉瀬地区において、関西でも有数の規模となる宝塚北サービスエリアの整備も進められています。

宝塚市では、宝塚北サービスエリアとETC専用施設を連結し、ETC車載器を搭載した車輌が通行することができるインターチェンジを計画しており、インターチェンジの設置に必要な連結許可が平成24年4月17日付けで国土交通大臣から宝塚市長におりました。これにより、宝塚北スマートインターチェンジの整備が本格的に進められます。

宝塚北スマートインターチェンジの計画概要

  1. 接続形式:現在計画されている宝塚北サービスエリアに接続する方式
  2. 開放方向:上下線出入り
  3. 対象車種:ETC車載器を搭載した自動車(車長12メートル以下)(大型バスの利用が可能)
  4. 運用時間:24時間
  5. 計画交通量:1日あたり約1,300台(平成42年次推計)
  6. 供用予定:高速道路本線およびサービスエリア供用開始と同じ
  7. 連結道路:県道塩瀬宝塚線出合橋の北約200メートル地点から分岐延長約570メートル、幅員7.0メートル 2車線
  8. 総事業費:9.5億円

このページに関するお問い合わせ

都市安全部 建設室 道路政策課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁2階
電話:0797-77-2096(公共交通、バリアフリー施設等の計画・調整)
    0797-77-2097(幹線道路等の計画・調整) 
    0797-77-2101(公共用地の取得)
ファクス:0797-77-9119
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。