エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 安全・都市基盤 > 道路 > 公共交通 > 鉄道駅舎構内外におけるエレベーター等の整備推進


ここから本文です。

鉄道駅舎構内外におけるエレベーター等の整備推進

ID番号 1001345 更新日  平成30年11月2日  印刷

鉄道駅舎におけるエレベーター等の整備

事業の目的

本市においては、第4次宝塚市総合計画のまちづくりの基本目標において、「安全で快適なまちづくり」を掲げ、その中の重点プロジェクトとして、「シンシアのまちプロジェクト」を推進しています。
この施策により、高齢者や障害のある人、また、妊産婦の人や乳幼児を連れた人などすべての人にとって、安全で円滑に、また快適に移動ができ、外出や交流がしやすい鉄道駅施設となるよう、駅舎構内外においてエレベーター等設置によるバリアフリー化を推進しています。

事業の概要

駅舎構内

市は、1日の乗降客が5,000人以上ある駅で、改札口からホームへ至る経路がバリアフリー化されていない駅について、エレベーター等の設置に要する費用の一部を国、県と協調して鉄道事業者に対し助成しています。

駅舎構外

市は、駅舎構内におけるエレベーターの設置にあわせ、連続したバリアフリー化された歩行者動線を確保するため、国の補助制度を活用しながら、駅舎に隣接する市道(駅前広場)等にエレベーターを設置しています。

エレベーター等設置の状況

駅舎構内(市等の助成により、鉄道事業者が設置したもの)

整備年度 駅名 整備内容 整備主体
平成5年度 宝塚南口駅 エレベーター1基(宝塚行きホーム) 阪急電鉄
平成5年度 小林駅 エレベーター1基(西宮北口行きホーム) 阪急電鉄
平成7年度 小林駅 エレベーター1基(宝塚行きホーム) 阪急電鉄
平成12年度 雲雀丘花屋敷駅 エレベーター3基(改札口側、梅田行きホーム、宝塚行きホーム) 阪急電鉄
平成13年度 逆瀬川駅

エレベーター3基(西宮北口行きホーム、宝塚行きホーム、改札口外西側)

多目的トイレの設置 等

阪急電鉄
平成13年度 JR中山寺駅

エレベーター2基(大阪行きホーム、宝塚行きホーム)

多目的トイレの設置 等

JR西日本
平成14年度 仁川駅

エレベーター2基(西宮北口行きホーム、宝塚行きホーム)

多目的トイレの設置 等

阪急電鉄
平成15年度 中山駅

エレベーター3基(大阪行きホーム、宝塚行きホーム、改札口外南側)

多目的トイレの設置 等

阪急電鉄
平成16年度 山本駅 エレベーター1基(大阪行きホーム)多目的トイレの設置 等 阪急電鉄
平成17年度 清荒神駅 スロープ等設置 阪急電鉄

駅舎構外(国の補助制度を活用し、市が設置したもの)

整備年度 駅名 整備内容
平成13年度~14年度 JR中山寺駅

エレベーター2基 等

(駅改札口外自由通路部分)

平成14年度~15年度 逆瀬川駅

エレベーター1基

(駅東側駅前広場内)

平成15年度~17年度 山本駅

エレベーター1基

(駅北側駅前広場内)

エレベーターの構造

大きさ
  • 15人乗り(1,600ミリ×1,500ミリ)

 (注)手動車椅子の回転かつ介護者等の同乗が可能なサイズ。

  • ウォークスルー型 (注)円滑な動線を確保。

出入り口

  • 幅員90センチ (注)車椅子が余裕をもって乗降可能な幅員。
  • 車椅子利用者が出入口部を確認するため上部に設置。
外部との連絡等
  • シースルー型 (注)犯罪、事故等の防止。
  • 非常呼び出しボタン、インターホンを設置し、管理事務所・保守管理会社との連絡、通話体制を確保する。
  • 監視カメラ(3基)を設置し、管理事務所にて管理を行う。
  • 地震時官制運転、火災時官制運転、停電時自動着床装置、重量感知式自動昇降装置を設置し、閉じ込めの防止、緊急時の避難路の確保を図る。

エレベーターの稼働時間・管理体制について

エレベーターの稼動時間について

午前5時から翌日(深夜)1時までの20時間
(注)電鉄会社の運行時間に合わせています。

エレベーターの管理体制について

エレベーターが故障の場合

メンテ会社
  • 自動通報
  • かご内通話による対応
  • 現場へ駆けつける
  • 市への報告

 

駐輪場管理室
  • 警報ベル通報
  • 故障表示を点灯
  • テレビモニターによる確認
  • 現場へ駆けつける
  • 市への報告

エレベーターが故障でない場合

メンテ会社

通報なし(なお、エレベーター正常時でもインターホンを押し続けていればメンテ会社に接続される)

駐輪場管理室
  • 警報ベル通報(故障表示がないため)か、ご案内通話により対応
  • テレビモニターで確認
  • 現場へ駆けつける
  • 市への報告

閉込監視装置が作動した場合

  • 駐車場管理室へ緊急ベルで通報
  • 閉込表示を点灯

停電時にはベルを鳴らさず自動的に最寄り階へ着床し、インターホンによる通話が可能であります。

エレベーターの紹介(JR中山寺駅)

このページに関するお問い合わせ

都市安全部 建設室 道路政策課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁2階
電話:0797-77-2096(公共交通、バリアフリー施設等の計画・調整)
    0797-77-2097(幹線道路等の計画・調整) 
    0797-77-2101(公共用地の取得)
ファクス:0797-77-9119
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。