エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 安全・都市基盤 > 都市景観 > 景観に関する届出の手続きについて


ここから本文です。

景観に関する届出の手続きについて

ID番号 1001348 更新日  平成28年3月14日  印刷

行為完了届出書の提出はお済みですか?

行為完了届出書の画像

届出に係る行為が完了した時には行為完了届出書の提出が必要です。着手前の届け出と同様に、行為の完了後(植栽、外構工事完了時)の届出書の提出をお願いします。

一定規模以上の建築・建設行為等には届出を!

一定規模以上の建築・建設行為等には届出を!

宝塚市では、市全域を景観計画区域として、一定規模以上の行為(建築物の新築、増築、改築、移転、修繕等及び工作物の建設等)を対象に届出が必要です。

景観に関する届出の手続きについて

宝塚市では、2012年(平成24年)10月15日に宝塚市景観計画を策定し、さらに、改正した都市景観条例を2012年(平成24年)12月28日に施行し、都市景観条例及び景観法に基づく行為の届出の受付をしています。詳しくは、「宝塚市都市景観条例及び景観法に基づく届出の手引き」をご確認下さい。

景観計画及び都市景観条例の趣旨をご理解のうえ、宝塚市の良好な景観の形成にご協力をお願いします。

届出の対象となる区域

景観計画の対象となる区域(景観計画区域)での行為が対象となります。宝塚市では、市全域を景観計画区域として一定規模以上の行為を対象に届出が必要です。

また下記の景観計画特定地区・都市景観形成地域では、景観法、都市景観条例等により管理行為、軽易な行為その他の行為や非常災害のため必要な応急措置として行う行為以外のすべての行為を対象に届出が必要です。

届出対象区域

届出の対象となる行為

宝塚市都市景観条例及び開発まちづくり条例における開発ガイドラインによる届出の対象となる行為を以下に示します。

届出の要否

<一定規模以上の行為> (宝塚市全域)

表-1 
行為の種類 届出等対象規模
建築物の建築等
建築物の新築、増築、改築、移転
開発事業区域面積が500平方メートル以上のもの
建築物の階数が3を超えるもの
建築物の高さが10メートルを超えるもの
建築物の修繕等
外観を変更することとなる修繕若しくは模様替又は色彩の変更
建築物の階数が3を超えるもの建築物の高さが10メートルを超えるもの(修繕等に係る面積が従前の外観に係る面積の2分の1を超えるもの)
工作物の建設等
工作物の新設、増築、改築、移転、外観を変更することとなる修繕若しくは模様替又は色彩の変更
高さが2メートルを超える擁壁
高さが4メートルを超える装飾塔、記念塔等
高さが6メートルを超える煙突
高さが8メートルを超える高架水槽、サイロ、物見塔等
高さが15メートルを超える鉄筋コンクリート造の柱、鉄柱、木柱等
観光用の乗用エレベーター又はエスカレーター高架や回転運動をする遊戯施設(修繕等にあっては、その修繕等に係る面積が従前の外観に係る面積の2分の1を超えるものに限る)
開発行為、土地の形質の変更(宅地造成等) 土地の区域の面積が500平方メートル以上のもの
屋外広告物の建設等 高さ4メートルを超える広告塔、広告板
高さ10メートルを超える建築物及び工作物に添架する屋外広告物(同一壁面面積の10分の1を超えるものの設置)

<景観計画特定地区内の行為>(景観計画特定地区の区域内)・<都市景観形成地域内の行為>(都市景観形成地域の区域内)

表-2
行為の種類 届出等対象規模
建築物の建築等
建築物の新築、増築、改築、移転
仮設以外の建築物で、その行為に係る部分の高さが5メートルを超えるもの又は面積の合計が10平方メートル超えるもの
塀で高さが1.5メートルを超える又は、長さが10メートルを超えるもの門で、高さが2メートルを超えるもの
建築物の修繕等
外観を変更することとなる修繕若しくは模様替又は色彩の変更
仮設以外の建築物で、その行為に係る部分の高さが5メートルを超えるもの又は面積の合計が10平方メートル超えるもの
塀で高さが1.5メートルを超える又は、長さが10メートルを超えるもの門で、高さが2メートルを超えるもの
工作物の建設等
工作物の新設、増築、改築、移転、外観を変更することとなる修繕若しくは模様替又は色彩の変更
垣、柵、塀、金網及び擁壁等で、高さが1.5メートルを超える又は長さが10メートルを超えるもの
日よけテントやアーケード等、アンテナ、鉄筋コンクリート造の柱及び鉄柱等、装飾塔、記念塔、物見塔及び電波塔等で高さが3メートルを超えるもの
高架水槽、冷却塔及びサイロ等、煙突、ごみ焼却施設及びごみ集積施設(建築基準法第2条第3号に規定する建築設備に該当するものを除く)で、高さが5メートルを超える又は、面積が10平方メートルを超えるもの
開発行為、土地の形質の変更(宅地造成等) すべての行為(注意:上記管理行為、軽易な行為は除く)
木竹の植栽又は伐採 すべての行為(注意:上記管理行為、軽易な行為は除く)
屋外広告物の建設等 すべての行為(注意:上記管理行為、軽易な行為は除く)

<特定大規模の行為>(宝塚市全域)

下記の「景観審議会の審査について 景観審議会デザイン協議部会の開発事業」の欄の「<特定大規模の行為> (宝塚市全域) 」をご覧ください。

届出の流れ

宝塚市都市景観条例、景観法に基づく届出の流れ

<一定規模以上の行為><景観計画特定地区内の行為>について以下に示します。

届出の流れ

届出の様式について

平成24年12月28日以降の届出に関しては、下記の様式を使用してください。
宝塚市景観計画の景観形成の指針は遵守に努め、景観形成基準は適合することを確認し提出してください。

  • 一定規模以上の行為の景観形成指針・基準については「宝塚市景観計画について」をご覧ください。
  • 景観計画特定地区・都市景観形成地域 地区ごとの景観形成指針・基準については「宝塚市のまちづくりルール」をご覧ください。
  • 都市景観形成地域内の届出は、景観形成地区・地域内行為申請書になります。

届出確認シート

届出書類の確認を下記の「届出確認シート」でチェックできます。

届出時期:着手前

(1)一定規模以上開発等届出書(申請書ダウンロード)
(1)景観計画特定地区内行為届出書(申請書ダウンロード)
(1)届出概要書(申請書ダウンロード)
(1)・(2)添付図書(下記の添付ファイル添付図書をご覧ください。)
(2)景観計画区域内行為届出書(申請書ダウンロード)

届出時期:完了後

(3)行為完了届出書(申請書ダウンロード)

届出時期:変更

変更届出書(下記の添付ファイル変更届出書をご覧ください。)

申請書ダウンロード対象の届出書類は下記のページをご覧ください。

景観審議会の審査について

周辺の景観形成に大きな影響を与える特定大規模の行為(開発行為や大規模な変更等の行為)に対し、建築物等の規模や配置、外観や色彩、緑化等について、景観審議会デザイン協議部会に意見を聴きながら、周辺と調和のとれたものとなるよう指導、助言を行います。

景観審議会デザイン協議部会の開発事業

<特定大規模の行為> (宝塚市全域)

届出等対象規模
  1. 開発事業区域面積が0.3ヘクタール以上の開発事業
  2. 次に掲げる区域内で行われる開発事業区域面積が0.1ヘクタール以上0.3ヘクタール未満の開発事業
    ア 都市景観条例の規定に基づく景観計画特定地区、景観地区に指定された区域
    イ 旧都市景観条例の規定に基づく都市景観形成地域に指定された区域
    ウ 地区計画の区域
    エ その他市長が都市景観の形成に大きな影響を与えると認める開発事業
    (ア) 武庫川マイタウン・マイリバー整備計画の区域 (イ) 中心市街地区域
  3. 建築物の高さが31メートルを超える開発事業
  4. 階段状斜面住宅で、2-11(2)の適用を受けようとする開発事業で、市長が都市景観の形成に大きな影響を与えると認めるもの
  5. その他市長が都市景観の形成に大きな影響を与えると認める開発事業

都市景観デザイン説明書は下記のページをご覧ください。

届出の変更に伴う取り扱いについて

  • 平成24年12月28日以前に届出された物件に関しては、旧条例の基準が適用されます。ただし、既に策定している宝塚市景観計画の景観形成基準に適合するよう努めてください。
    また、宝塚市景観計画の景観形成基準に抵触している計画に関して、変更を行う場合は、当該事項の悪化とならないように努めてください。
  • 平成24年12月28日以前に届出されて、届出がなされた日から起算して3年を経過する日までに当該届出に係る行為が着手されないときは、新たに届出手続きが必要です。

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

都市整備部 都市整備室 都市計画課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁2階
電話:0797-77-2088 ファクス:0797-74-8997
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。