エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 安全・都市基盤 > 消防本部 > 警防課 > 東北地方太平洋沖地震被災地へ宝塚市消防本部から緊急消防援助隊派遣


ここから本文です。

東北地方太平洋沖地震被災地へ宝塚市消防本部から緊急消防援助隊派遣

ID番号 1003353 更新日  平成26年11月8日  印刷

緊急消防援助隊における宝塚市消防本部の位置づけ

宝塚市消防本部は、兵庫県下消防本部の阪神ブロック(西宮市、尼崎市、芦屋市、伊丹市、宝塚市、川西市、三田市、篠山市、丹波市、猪名川町)に含まれています。

緊急消防援助隊

緊急消防援助隊は、阪神・淡路大震災を契機に大規模災害時における人命救助活動等をより効果的に行うため、全国の消防機関による相互応援の体制が整備されました。
平成7年6月に創設され、平成15年の消防組織法の改正により法制化されました。

 派遣隊 宝塚からの派遣  派遣期間
 第1次派遣隊 隊数:4 人数:11   平成23年(2011年)3月11日(金曜日)~3月16日(水曜日)
 第2次派遣隊 隊数:4 人数:11   平成23年(2011年)3月14日(月曜日)~3月20日(日曜日)
 第3次派遣隊 隊数:4 人数:11   平成23年(2011年)3月18日(金曜日)~3月24日(木曜日)
 第4次派遣隊 隊数:3 人数:8   平成23年(2011年)3月22日(火曜日)~3月28日(月曜日)
 第5次派遣隊 隊数:3 人数:8   平成23年(2011年)3月26日(土曜日)~4月1日(金曜日)
 第6次派遣隊 隊数:2 人数:6   平成23年(2011年)3月30日(水曜日)~4月5日(火曜日)
 第7次派遣隊 隊数:2 人数:6   平成23年(2011年)4月 3日(日曜日)~4月 9日(土曜日)
 第8次派遣隊 隊数:2 人数:6   平成23年(2011年)4月 7日(木曜日)~4月13日(水曜日)
 第9次派遣隊 隊数:1 人数:4   平成23年(2011年)4月11日(月曜日)~4月17日(日曜日)
 第10次派遣隊 隊数:0 人数:0   平成23年(2011年)4月15日(金曜日)~4月21日(木曜日)
 第11次派遣隊 隊数:0 人数:0   平成23年(2011年)4月19日(火曜日)~4月24日(日曜日)

兵庫県緊急消防援助隊は、平成23年3月11日から4月24日までの間、11次の派遣を行い、504隊1924名が被災地で活動を行いました。
宝塚市からは、平成23年3月11日から4月17日までの間、第1次から第9次まで連続で派遣を行い、車両5台、延べ71名の消防職員を派遣しました。

活動

平成23年(2011年)4月26日(火曜日)

市長総括視閲の実施

末広中央公園で東日本大震災の被災地へ緊急消防援助隊として派遣された市消防本部派遣隊の市長総括視閲を実施しました。
市長総括視閲では、東日本大震災での犠牲者に対して黙祷し哀悼の誠をささげた後、市長は被災地での任務を果たした派遣消防職員ひとり一人の労をねぎらいました。

黙祷

集結した緊急防援助隊派遣隊員

中川智子宝塚市長のあいさつ

市長と隊員の握手

平成23年(2011年)4月17日(日曜日)

第9次派遣隊

第9次派遣隊は宝塚市消防本部に午前8時に無事帰任し、山田消防長に活動報告する。
写真は、第6次派遣から現地で活動したタンク付消防自動車(宝消11-T)です。
車も疲れたように見えます。

タンク付消防自動車(宝消11-T)

平成23年(2011年)4月16日(土曜日)

第9次派遣隊

午前9時からベースキャンプを山下小学校体育館から角田市総合体育館に移動する。
午前11時30分に県解散式が終わり、ベースキャンプを引き上げる。

16日、新しいベースキャンプの角田市総合体育館です。

16日、武道場を借りるようです。(半分は畳)

16日、午前11時30分兵庫県隊解散式

平成23年(2011年)4月15日(金曜日)

第9次派遣隊

山元町坂元地区でかなり海側での捜索活動実施する。かなり気温も暑く、隊員にもやや疲れが見えますが引き締めなおして頑張ってます。
午後から、山元町磯浜地区に転戦となりました。
写真は海沿いの防風林は根こそぎ倒されています。

15日、海沿いの防風林は根こそぎ倒されています。

15日、午後からの活動

15日、第9次派遣隊最後の活動

第10次派遣隊

阪神ブロック緊急消防援助隊 第10次派遣隊(4消防本部3隊12名)が、末広中央公園を午前11時30分に出発する。宝塚市は派遣していません。

平成23年(2011年)4月14日(木曜日)

第9次派遣隊

山元町坂元地区の坂元駅の海側(東側)での捜索活動実施する。
写真はベースキャンプ山下小学校の体育館の様子です。テントや車中で睡眠するのとは違うようです。

14日、ベースキャンプの様子

派遣隊の規模が小さくなったとはいえ、兵庫県緊急消防援助隊は大所帯です。
隊員が着用しているライフジャケットは、津波対策用です。
遺体が発見された報告が入ると胸が痛みます。

14日、検索活動現場に向かう車両と隊員

平成23年(2011年)4月13日(水曜日)

第8次派遣隊

第8次派遣隊は宝塚市消防本部に午前8時に無事帰任し、山田消防長に活動報告する。
写真は、第1次派遣から現地で活動した人員搬送車です。ピカピカに清掃した後に写真撮影しました。

13日、1次派遣から8次派遣まで現地で活躍した人員搬送車

第9次派遣隊

午前8時から亘理郡山元町高瀬地区での捜索活動実施する。
写真は、大きくうねった線路に驚く隊員。

13日、大きくうねった線路に驚く隊員

平成23年(2011年)4月12日(火曜日)

第8次派遣隊

第8次派遣隊は午前11時にベースキャンプ出発し帰途に着きました。

第9次派遣隊

午前6時40分にベースキャンプ到着し、第8次派遣隊と引継ぎを実施する。
午後からで山元町の捜索活動に参加する。

12日、第9次派遣隊の活動初日

平成23年(2011年)4月11日(月曜日)

第8次派遣隊

午前9時ベースキャンプ出発し、山元町高瀬地区の捜索活動実施する。

第9次派遣隊

宝塚市消防本部緊急消防援助隊 第9次派遣隊(1隊4名)が、末広中央公園を午前11時30分に出発する。

11日、集結した阪神ブロック隊

平成23年(2011年)4月10日(日曜日)

第8次派遣隊

午前9時ベースキャンプ出発し、山元町高瀬地区の捜索活動実施する。

10日の活動状況

平成23年(2011年)4月9日(土曜日)

第7次派遣隊

第7次派遣隊は宝塚市消防本部に午前7時30分に無事帰任し、山田消防長に活動報告する。雨のため、消防本部会議室での帰任報告となりました。

9日、雨の中の帰任報告

第8次派遣隊

天候は雨、午前8時30分から山元町高瀬地区の捜索活動実施する。

9日の活動状況

平成23年(2011年)4月8日(金曜日)

第7次派遣隊

第7次派遣隊は午後2時15分にベースキャンプ出発し帰途に着きました。

第8次派遣隊

地震の影響で高速道路が使えず、ベースキャンプ到着は午前10時50分で、第7次派遣隊と合流する。

平成23年(2011年)4月7日(木曜日)

第7次派遣隊

午前8時に山元地区へ出発し捜索活動を実施する。
後方支援隊は平成23年4月8日からの新しいベースキャンプ山下小学校への資材搬入作業実施する。写真は、津波で5メートル以上流されたJRの線路。
午後11時32分頃、震源宮城県沖マグニチュード7.4の地震は、震度6強を観測し、地震の恐ろしさを感じてきました。

7日、第7次派遣隊

第8次派遣隊

宝塚市消防本部緊急消防援助隊 第8次派遣隊(2隊6名)が、末広中央公園を午前11時45分に出発する。

7日、末広公園を出発

平成23年(2011年)4月6日(水曜日)

第7次派遣隊

山元町山寺地区の倒壊家屋を西宮市、川西市、宝塚市と合同で捜索する。後方支援隊は平成23年4月8日にベースキャンプを山元町山元中学校グランドへの移動に備え食糧・資材の搬入を実施する。
津波で500メートルも流された家屋を目の当たりにし、被害の規模、津波の恐ろしさ、悲惨さに言葉を失いながらの活動です。

6日、山元町の被災現場、津波で500メートル流された家屋

平成23年(2011年)4月5日(火曜日)

第6次派遣隊

第6次派遣隊は宝塚市消防本部に午前6時5分に無事帰任し、山田消防長に活動報告する。

5日、無事に帰任した第6次派遣隊

第7次派遣隊

午前中は山元町山寺地区での捜索活動、午後からは山元町山寺地区にて自衛隊と合同で捜索活動する。
写真は約130人分の飯炊きです。夕食はレトルトカレーとレトルトどんぶり。朝食はカップ麺です。

5日、夕食の準備

平成23年(2011年)4月4日(月曜日)

第6次派遣隊

第6次派遣隊は午後0時10分にベースキャンプ出発し帰途に着きました。

第7次派遣隊

午前7時にベースキャンプ到着し、第6次派遣隊と引継ぎを実施する。
午後1時から午後4時まで、隊員4名で山元町山寺地区の捜索活動に参加する。
天気は晴れ。寒さは厳しい。
写真はベースキャンプの模様です。

4日、ベースキャンプの様子

平成23年(2011年)4月3日(日曜日)

第6次派遣隊

午前7時30分にベースキャンプ出発し、亘理郡山元町坂元地区での検索活動実施する。

第7次派遣隊

宝塚市消防本部緊急消防援助隊 第7次派遣隊(2隊6名)が、末広中央公園を午前11時45分に出発する。
写真は、宝塚市消防本部緊消防援助隊が隊員の往復搬送用に使用しているマイクロバスで、今回の派遣で6往復目です。
すでに派遣で走行した距離は、1万キロを突破しました。(1往復走行距離約1800キロ)

3日、出発前の隊員搬送用のマイクロバス

平成23年(2011年)4月2日(土曜日)

第6次派遣隊

午前7時30分にベースキャンプ出発し、亘理郡山元町坂元地区での検索活動実施する。

平成23年(2011年)4月1日(金曜日)

第5次派遣隊

宝塚市消防本部に午前7時30分に無事帰任し、山田消防長に活動報告する。
写真は第1次から第5次まで現地に派遣された救助工作車。

1日、第1次~第5次派遣まで現地で活動した救助工作車(宝消7)

第6次派遣隊

午前7時30分にベースキャンプ出発し、亘理郡山元町坂元地区での検索活動実施する。写真は、同じ場所でベースキャンプをしているトルコの国際救助隊のテント村。

1日、トルコ緊急援助隊のベースキャンプ

平成23年(2011年)3月31日(木曜日)

第5次派遣隊

第6次派遣隊到着。雨降りのため急遽シートで仮上屋を作成。周囲に排水溝を掘りました。第5次派遣隊は午後0時15分にベースキャンプ出発し帰途に着きました。

31日、雨降りのためシートで仮屋根を作る派遣隊員

第6次派遣隊

午前7時10分無事にベースキャンプ到着する。

平成23年(2011年)3月30日(水曜日)

第5次派遣隊

天気は快晴。救助隊5名は午前7時20分出動し、山元町での捜索活動を実施する。
後方支援隊は、燃料油、水の補給作業及びベースキャンプの調理当番として活動する。

第6次派遣隊

宝塚市消防本部緊急消防援助隊 第6次派遣隊(2隊5名)が、末広中央公園を午前11時45分に出発する。
今回の派遣から、救助工作車と資機材搬送車の替わりに、消防タンク自動車を派遣します。

30日、山下副市長から激励を受ける第6次緊急消防援助隊の宝塚市派遣隊

平成23年(2011年)3月29日(火曜日)

第5次派遣隊

救助隊5名は午前7時10分出動し、昨日と同じ山元町で午後5時まで捜索活動実施する。
後方支援隊は県隊への食料各1500食などの物資受け取り、油資、水の補給作業を実施する。

平成23年(2011年)3月28日(月曜日)

第4次派遣隊

宝塚市消防本部に午前6時に無事帰任し、山田消防長に活動報告する。

28日第4次派遣隊、無事に帰任

第5次派遣隊

救助隊は午前7時15分山元町に向け出発し創作活動を実施する。後方支援隊は県隊の朝の炊き出しを終わり軽油、ガソリンなどの補給活動実施する。
写真は、救助隊が昼食の弁当として携行した、鯖缶の混ぜご飯ソフトボール大のおにぎり。

28日救助隊の昼食用おにぎり

平成23年(2011年)3月27日(日曜日)

第4次派遣隊

第5次派遣隊がベースキャンプに到着後に引継ぎし、午後0時30分兵庫県緊急消防援助隊解隊式、午後1時ベースキャンプ出発する。

第5次派遣隊

午前7時30分現場到着し、第4次派遣隊と引継ぎを実施、その後、山元町方面の偵察活動実施する。

平成23年(2011年)3月26日(土曜日)

第4次派遣隊

午前7時出発の予定が積雪のため、午前8時に出発する。東北道及び仙台北部道路がチェーン規制のため、救助工作車にチェーンを装着、坂元町での捜索活動を実施する。

26日第4次派遣隊の活動場所

第5次派遣隊

宝塚市消防本部緊急消防援助隊 第5次派遣隊(3隊8名)が、末広中央公園を午前10時15分に出発する。

26日末広公園に集結した阪神ブロック隊

平成23年(2011年)3月25日(金曜日)

第4次派遣隊

午前7時30分ベースキャンプ出発、昨日活動した山元町よりさらに1.5キロメートル南下した坂元町での捜索活動実施し、午後3時活動終了。

25日午前7時30分、ベースキャンプを出発する宝塚市救助工作車

平成23年(2011年)3月24日(木曜日)

第3次派遣隊

宝塚市消防本部に午前5時45分に無事帰任し、山田消防長に活動報告する。

24日第3次派遣隊、無事に帰任

第4次派遣隊

午前7時に拠点(宮城県総合運動公園)を出発し、亘理郡山元町で、午前9時50分、小野市消防本部隊と合同で捜索を実施し、午後4時45分に引き上げる。

24日第4次派遣隊隊の活動状況

平成23年(2011年)3月23日(水曜日)

第3次派遣隊

第4次隊と現場引継ぎを行い、帰任準備終了後、午後0時45分、宮城県総合運動公園において第3次派遣隊の解隊式を行い、午後1時5分現地出発する。

23日第3次派遣隊解隊式

第4次派遣隊

午前6時35分ベースキャンプ地の宮城総合運動公園グランディ21に無事到着し、第3次派遣隊との引継ぎを実施する。
午後0時、活動場所となる山元町へ出発し活動開始する。

23日引継ぎが終わり、出動準備する4次派遣隊員、車両は宝塚市の救助工作車7-R

平成23年(2011年)3月22日(火曜日)

第3次派遣隊

宮城県総合運動公園で待機し、地元塩釜市消防本部の支援活動、救急活動を実施します。
公園には、兵庫県、長野県のほか、国際救助隊のトルコ、ロシア、南アフリカの隊員が野営しています。

22日ベースキャンプに集結した兵庫県緊急消防援助隊

第4次派遣隊

宝塚市消防本部緊急消防援助隊 第4次派遣隊(3隊8名)が、末広中央公園を午前10時に出発する。
(注)兵庫県第4次緊急消防援助隊:合計55隊 195名

22日第4次派遣隊出発

平成23年(2011年)3月21日(月曜日)

第3次派遣隊

午後1時30分.兵庫県隊転戦、移動場所は、宮城郡利府町菅谷40の1、宮城総合運動公園グランディ21。宮城スタジアムの横です。

21日新しいベースキャンプ地「宮城総合運動公園」に到着した兵庫県隊

平成23年(2011年)3月20日(日曜日)

第2次派遣隊

宝塚市消防本部に午前8時45分に帰任し、山下宝塚市副市長に活動を報告する。

20日第2次派遣隊無事に帰任。山下副市長と握手

第3次派遣隊

午前8時にベースキャンプ出発し、南三陸町志津川右岸、午後5時30分まで検索活動を実施する。

南三陸町志津川右岸の被害状況

平成23年(2011年)3月19日(土曜日)

第2次派遣隊

全隊終結後、帰任準備し現場引き上げ予定。(午前10時現在)

第3次派遣隊

午前7時にベースキャンプ地の石巻運動公園に到着、第1次派遣隊と引継ぎを実施する。
午後1時ベースキャンプ出発し、南三陸町志津川右岸で検索活動する。

19日ベースキャンプに到着した第3次派遣隊

平成23年(2011年)3月18日(金曜日)

第2次派遣隊

救助隊は宮城県南三陸町波伝谷地区・津の宮地区での人命検索活動で、救急隊は24時間体制で南三陸町災害対策本部及び歌津中学校に交替で活動しています。

18日の活動状況

第3次派遣隊

宝塚市消防本部緊急消防援助隊 第3次派遣隊(4隊11名)が、末広中央公園を午前10時に出発する。
(注)兵庫県第3次緊急消防援助隊:合計70隊 272名

第3次派遣隊出発

平成23年(2011年)3月17日(木曜日)

第2次派遣隊

消防隊、救助隊別れて捜索活動を実施、救急隊は、南三陸町の避難所(ウタズ中学校、南ベイサートアリーナ)の救急対応、捜索活動、休憩の24時間3交代の活動を開始予定です。(赤坂連絡)
救助隊は、南三陸町の波伝谷地区での活動を実施。
なお、午前7時10センチ以上の降雪。

17日朝の状況

平成23年(2011年)3月16日(水曜日)

第1次派遣

宝塚市消防本部に午後1時に帰任し、中川宝塚市長に活動を報告する。
その後、宝塚市支援対策本部において報告会を実施する。

第1次派遣隊が中川市長に帰任報告

第2次派遣隊

終日、宮城県本吉郡南三陸町寄木地区・志津川地区で救援活動実施する。

ベースキャンプから活動場所へ向かう車両 16日午前中の活動

活動前のミーティング 16日午後の活動

平成23年(2011年)3月15日(火曜日)

第1次派遣隊

宮城県本吉郡南三陸町韮の浜(にらのはま)方面で午前中活動を実施し、午後5時55分第2次派遣隊に引継ぎ、ベースキャンプ地の石巻運動公園から宝塚市に向けて出発する。

南三陸町での活動状況

第2次派遣隊

午前5時30分ベースキャンプ地の石巻運動公園に到着、第1次派遣隊と引継ぎを実施する。

平成23年(2011年)3月14日(月曜日)

第1次派遣隊

午前中、宮城県亘理郡山元町での活動、その後、ベースキャンプ地の石巻運動公園へ移動する。

山元町での活動状況

第2次派遣隊

宝塚市消防本部緊急消防援助隊 第2次派遣隊(4隊11名)が、末広中央公園を午前9時に出発する。
(注)兵庫県第2次緊急消防援助隊:合計69隊 271名

第2次派遣隊出発

宝塚市フォトニュースのページへ。

平成23年(2011年)3月13日(日曜日)

第1次派遣隊

宮城県亘理郡を中心に活動を実施する。
ベースキャンプは亘理消防署山元分署西隣山下中学校グラウンド。

平成23年(2011年)3月12日(土曜日)

第1次派遣隊

東京方面へ向かっていた派遣隊は、午前3時59分に発生した長野県北部地震で震度6強を観測した長野県栄村へ向かった。午前10時45分に総務省消防庁指示により福島県へ向かう。

長野県飯山市に集結した兵庫県緊急消防援助隊

平成23年(2011年)3月11日(金曜日)

第1次派遣隊

総務省消防庁からの出動要請を受け、宝塚市消防本部緊急消防援助隊(4隊11名)を編成し、阪神ブロック隊として午後10時58分末広中央公園を出発した。

宝塚市から派遣した車両、左から色材搬送車、救急車、指揮支援車、救助工作車

このページに関するお問い合わせ

消防本部 総務課
〒665-0033 宝塚市伊孑志3丁目14番61号 3階
電話:0797-73-1141 0797-73-1941
ファクス:0797-77-3951
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。