エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 安全・都市基盤 > 消防本部 > 予防課 > お知らせ > 急速充電設備に関する基準を定めました


ここから本文です。

急速充電設備に関する基準を定めました

ID番号 1003397 更新日  2014年11月10日  印刷

近年、二酸化炭素排出抑制の観点等から、電気自動車の普及が見込まれ、インフラ整備の一つとして、急速充電設備の設置が増加することが予想されます。
急速充電設備は、電気自動車に効率よく充電できるように電圧を昇圧する機能を備えているため、異常が発生した場合に火災となる可能性が考えられることから、宝塚市火災予防条例において、設置する際の位置、構造及び点検などの維持管理について基準を新たに定め、平成24年12月1日から施行されることとなりました。つきましては、当該設備を設置される際には、下記の基準等を遵守していただき、火災予防に努めてください。

なお、家庭用コンセントから充電する「普通充電」にあっては、規制の対象となりません。

対象となる設備

電気を動力源とする自動車又は原動機付自転車に充電する設備であって、全出力が20キロワットを超え50キロワット以下のものが対象となります。

設置に関する基準

  • 急速充電設備の筐体(きょうたい)は、不燃性の金属材料で造ること。
  • 堅固に床、壁、支柱等に固定すること。
  • 雨水等の侵入防止措置を講ずること。
  • 充電を開始する前に、急速充電設備と電気を動力源とする自動車等との間で自動的に絶縁状況の確認を行い、絶縁されていない場合には、充電を開始しない措置を講ずること。
  • 急速充電設備と電気を動力源とする自動車等が確実に接続されていない場合には、充電を開始しない措置を講ずること。
  • 漏電、地絡及び制御機能の異常を自動的に検知し、異常発生の場合は、自動的に充電を停止させる措置を講ずること。
  • 保護枠などを設置し、自動車との衝突防止措置を講ずること。
  • 急速充電設備を設置する場所には、「急速充電設備」の掲示板を掲げること。
  • 必要な知識を持った者による点検をし、不良箇所は補修し、その結果を記録保存すること。

届出について

急速充電設備を設置する際の届出は必要ありません。
なお、今回の条例施行の際、現に設置され、又は設置の工事がされているものについても届出の必要はありませんが、使用に際して火災を発生させないために、設置基準に適合するように努めてください。

問い合わせ先

宝塚市消防本部 予防課
 設備担当 電話:0797-73-1953
 危険物担当 電話:0797-73-1957
〒665-0033 宝塚市伊孑志3丁目14-61

このページに関するお問い合わせ

消防本部 予防課
〒665-0033 宝塚市伊孑志3丁目14番61号
電話:0797-73-1953 0797-73-1957
ファクス:0797-77-3951
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。