エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 安全・都市基盤 > 消防本部 > 救急救助課 > 救急関係 > 熱中症を予防しましょう


ここから本文です。

熱中症を予防しましょう

ID番号 1012037 更新日  平成29年8月9日  印刷

熱中症を予防して元気な夏を!

熱中症予防イラスト

熱中症を知って予防対策を

 「熱中症」は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症します。

 熱中症について正しい知識を身につけ、体調の変化に気をつけるとともに、周囲に気を配り、熱中症による健康被害を救いましょう。

熱中症予防のために

暑さを避ける

室内での対策

 扇風機やエアコンで室温を適度に下げましょう。過度の節電や「この程度の暑さなら大丈夫」とガマンしてはいけません。

外出時の対策

 ぼうしをかぶったり、日傘をさすことで直射日光をよけましょう。また、なるべく日かげを選んで歩いたり、日かげで活動したりするようにしましょう。

からだの蓄熱を避けるために

 衣服は麻や綿など通気性のよい生地を選んだり、下着には吸水性や速乾性にすぐれた素材を選ぶとよいでしょう。

こまめに水分を補給する

  • 室内でも、室外でも、のどの渇きを感じなくてもこまめな水分の補給は大切です

熱中症の症状

  • めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い
  • 頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う
  • 重症になると返事がおかしい、意識消失、けいれん、からだが熱い

熱中症が疑われる人を見かけたら

涼しい場所へ

 エアコンが効いている室内や風通しのよい日陰など、涼しい場所へ避難させる

からだを冷やす

 衣服をゆるめ、からだを冷やす

水分補給

 水分、塩分、経口補水液などを補給する

       自力で水が飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう

 

 

 

 消防庁ホームページの熱中症情報へのリンクもございますので、あわせてご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

消防本部 救急救助課
〒665-0033 宝塚市伊孑志3丁目14番61号
電話:0797-73-1944(救急担当) 0797-73-1948(救助担当)
ファクス:0797-77-3951
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。