エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 安全・都市基盤 > 消防本部 > 救急救助課 > 救急関係 > 宝塚市で救急ワークステーション運用開始


ここから本文です。

宝塚市で救急ワークステーション運用開始

ID番号 1022627 更新日  平成29年12月6日  印刷

消防本部と市立病院の共同事業として、救急ワークステーションを平成29年11月1日から運用開始しました

救急現場から始まる医療と救急隊員のレベルアップを目指して

救急ワークステーション研修の様子

 救急ワークステーションでは、「救急隊員の教育」と「ドクターカー運用による医療の早期介入」の二つの事業を柱として構成します。

 「教育」では、病院内で医師・看護師の直接的指導を受けながら、救急処置や救命処置を行い、救急隊員の知識と技術の向上を図ります。

 「ドクターカー運用」では、医師が救急車に同乗し救急現場に赴き、現場から適切な医療を開始することが出来ます。本事業は、宝塚市消防本部と市立病院が連携することで、市民の皆様に、より安全で確実な病院前医療を提供することができます。

運用期間

平成29年(2017年)11月1日10時から

運用は、年末年始と土日祝日を除く、平日の10時から17時までを通年で実施します

※ドクターカー出動については、救急ワークステーション運用時間内であっても、全例出動するものではありません。

救急ワークステーション隊員とドクターカー医師
私たちが、救急ワークステーション隊員として活動しています。
市立病院内外での研修に、ご理解とご協力をお願いいたします。

このページに関するお問い合わせ

消防本部 救急救助課
〒665-0033 宝塚市伊孑志3丁目14番61号
電話:0797-73-1944(救急担当) 0797-73-1948(救助担当)
ファクス:0797-77-3951
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。