エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 安全・都市基盤 > 消防本部 > 西消防署 > 宝塚市立病院消防合同訓練(阪神北圏域災害医療対策訓練)を実施しました!


ここから本文です。

宝塚市立病院消防合同訓練(阪神北圏域災害医療対策訓練)を実施しました!

ID番号 1015165 更新日  平成29年6月22日  印刷

南海トラフ大地震により、阪神北部及び市内で負傷者が多数発生したことを想定し、4市1町(宝塚・伊丹・川西・三田・猪名川)合同で集団災害対応訓練を実施しました。災害発生場所である宝塚市立看護専門学校から救出されてきた負傷者約60名をトリアージ(搬送順位の選別)し、宝塚市立病院へ搬送する訓練です。南海トラフ大地震に限らず、大規模災害が発生した際には、目の前の傷病者数や状況に対して消防力が圧倒的に劣っている事態に直面します。限られた人員、資器材、搬送手段を用いて最大多数の傷病者に最善の医療を施すために、消防と医療機関の連携を密にし、活動がより円滑にできるよう非常時に備えています。

多数傷病者を緊急度、重症度に基づき赤、黄色、緑、黒の4区分に選別している様子です
多数傷病者を緊急度、重症度に基づき赤、黄色、緑、黒の4区分に選別している様子です。

全身観察をしている様子です
頭の先からつま先まで全身観察を行い、負傷部位の特定や応急処置を実施している様子です。

このページに関するお問い合わせ

消防本部 西消防署
〒665-0033 宝塚市伊孑志3丁目14番61号
電話:0797-73-1969 ファクス:0797-77-3957
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。