エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > クリーンセンターのページ > ごみステーションについて > 防鳥ネット(ごみネット)の使い方


ここから本文です。

防鳥ネット(ごみネット)の使い方

ID番号 1017852 更新日  平成28年11月28日  印刷

防鳥ネット(ごみネット)の使い方をチェックしてみませんか?

良い使用例や悪い使用例も掲載しますので、使い方のポイントをチェックしてみましょう。

防鳥ネット(ごみネット)の使い方 チェックポイント

カラス対策として効果のある防鳥ネット(ごみネット)の使い方チェックポイントは次の2点です。

 (1) ごみが”すべて”ネットの内側に入っていますか?
 (2) ネットに隙間や穴はありませんか?

防鳥ネット(ごみネット)の悪い使用例1

悪い例1

右の写真を見てください。

ごみがネットの中に入っていないことがわかるかと思います。

この状態では、カラス被害にあう可能性が高いです。

すべてのごみをネットの内側に入れるようにしてください。

防鳥ネット(ごみネット)の悪い使用例2

ネットの隙間

左の写真を見てください。

一見良い状態に見えるかもしれませんが、この例もカラス被害にあう可能性があります。

 

 

 

 

隙間

左の写真は先程の写真の一部を拡大したものとなります。

赤丸の部分に着目してください。小さいですが隙間が確認できるかと思います。

ネットにこういった隙間があると、カラスがその隙間からごみを引出し、ごみを散らかしてしまうこともあります。

ネットに隙間ができないよう、確実にネットで包み込んでください。

防鳥ネット(ごみネット)の良い使用例

防鳥ネットの使用例

防鳥ネット(ごみネット)の良い使用例です。

全てのごみがネットの内側にはいっており、隙間もありません。

防鳥ネットの貸出・交換を行っています

防鳥ネット

 クリーンセンター業務課の窓口では、道路上のごみステーションや戸建開発地のごみステーションを対象に、カラス除けの「辛み成分入りのネット」を無償で貸出しています。

 また、古くなったネットは、前回の貸出しより3年経過していれば無償で交換できます。(交換の際は、古いネットを業務課の窓口までご持参ください)

 ただし、集合住宅等、貸出しできない場合もありますので、詳しくはクリーンセンター業務課(0797-87-7883)までお問い合わせください。

 なお、3年経過していない場合や、貸出しできない場合、複数枚必要な場合でも、クリーンセンター業務課の窓口で1枚2500円(年度によって変更する場合もあります。)で購入することができますので、ぜひご利用ください。

このページに関するお問い合わせ

環境部 クリーンセンター 業務課
〒665-0827 宝塚市小浜1丁目2番15号
電話:0797-87-7883 ファクス:0797-81-1941
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。