エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > よくある質問トップページ > 分野から探す > 暮らし・手続き > 住民登録・戸籍届・外国人登録 > 韓国人が婚姻するには、婚姻届書のほかに必要な書類は何ですか。


ここから本文です。

住民登録・戸籍届・外国人登録 よくある質問

ID番号 5000836 更新日  平成26年11月12日  印刷

質問 韓国人が婚姻するには、婚姻届書のほかに必要な書類は何ですか。

回答

パスポートの提示のほか、基本証明書、婚姻関係証明書、未成年者の場合は家族関係証明書が必要です。これらの証明書の取得方法は、駐神戸大韓民国総領事館(神戸市中央区中山手通2-21-5電話078-221-4853)または、駐大阪大韓民国総領事館(大阪市中央区西心斎橋2-3-4電話06-6213-1401)にお問い合わせください。(証明書を早く取得できるのは駐大阪領事館ですが、日本に婚姻届を提出した後に韓国にも婚姻を届け出る必要があり、宝塚市在住の方は駐神戸領事館にしか婚姻を届け出ることができません。)
なお、宝塚市に婚姻届書とともにこれらの証明書を提出する際には、翻訳者の氏名押印を明記した日本語訳文の添付が必要です。翻訳者はご本人でもかまいません。
特別永住者で韓国に登録されていないため、これらの証明書を取得することができない方は、窓口サービス課にお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 市民生活室 窓口サービス課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2050(管理・住基担当) 0797-77-2184(証明・郵便請求担当)
   0797-77-2066(年金担当)  0797-77-2217(マイナンバー担当)
ファクス:0797-76-2006
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。