エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > よくある質問トップページ > 分野から探す > 暮らし・手続き > 後期高齢者医療制度・福祉医療 > 医療費の一部負担金の割合(1割・3割)はどのようにして決めるのですか。


ここから本文です。

後期高齢者医療制度・福祉医療 よくある質問

ID番号 5000211 更新日  平成26年11月12日  印刷

質問 医療費の一部負担金の割合(1割・3割)はどのようにして決めるのですか。

回答

医療費の一部負担金割合は、住民税課税所得と前年(1月から7月までは前々年)の収入により判定されます。
後期高齢者医療制度の被保険者全員の住民税課税所得が145万円未満の世帯にいる被保険者は1割となります。
住民税課税所得が145万円以上ある被保険者やその方と同じ世帯にいる被保険者は3割となります。
なお、住民税課税所得が145万円以上の方でも収入が基準額以内であれば、申請により1割になる場合があります。詳しくは、医療助成課後期高齢者医療担当までお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 市民生活室 医療助成課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2064(福祉医療・福祉金担当) 0797-77-9103(後期高齢者医療担当)
ファクス:0797-77-2085
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。