エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > よくある質問トップページ > 分野から探す > 暮らし・手続き > 後期高齢者医療制度・福祉医療 > 入院時の食事代の減額を受けるにはどのようにすればよいですか。


ここから本文です。

後期高齢者医療制度・福祉医療 よくある質問

ID番号 5000218 更新日  平成26年11月12日  印刷

質問 入院時の食事代の減額を受けるにはどのようにすればよいですか。

回答

所得が低い方(低所得2.・1.に該当する方)については、入院時の食事代が軽減されることになっています。この軽減を受けるには、市役所医療助成課で手続きをして、「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けた後、入院される医療機関の窓口で、後期高齢者医療被保険者証とともに、限度額適用・標準負担額減額認定証を提示してください。限度額適用・標準負担額減額認定証は、次のとおり、世帯員全員が住民税非課税の方が対象となります。
低所得者2.世帯員全員が住民税非課税の方。
低所得者1.世帯員全員が住民税非課税で、かつ各所得(公的年金等控除額は80万円として計算)が0円の方。

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 市民生活室 医療助成課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2064(福祉医療・福祉金担当) 0797-77-9103(後期高齢者医療担当)
ファクス:0797-77-2085
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。