エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > よくある質問トップページ > 分野から探す > 暮らし・手続き > 後期高齢者医療制度・福祉医療 > 還付手続きの際、領収書は原本が必要ですか。確定申告の医療費控除に領収書を使いたいのですが。


ここから本文です。

後期高齢者医療制度・福祉医療 よくある質問

ID番号 5000619 更新日  平成26年11月12日  印刷

質問 還付手続きの際、領収書は原本が必要ですか。確定申告の医療費控除に領収書を使いたいのですが。

回答

申請の際にお申し出いただければ、領収書原本の裏面に受付印を押印して返却いたします。市では、領収書のコピーを受付します。
なお、医療費控除に使用される際は、「補てんされた金額」として医療費助成額を差し引きする必要があります。確定申告・医療費控除の詳細については、税務署へお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 市民生活室 医療助成課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2064(福祉医療・福祉金担当) 0797-77-9103(後期高齢者医療担当)
ファクス:0797-77-2085
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。