エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > よくある質問トップページ > 分野から探す > 安全・都市基盤 > 防災・防犯 > 土砂災害警戒区域はどのようなところですか。


ここから本文です。

防災・防犯 よくある質問

ID番号 5000761 更新日  平成26年11月12日  印刷

質問 土砂災害警戒区域はどのようなところですか。

回答

土砂災害警戒区域は、土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律に基づいて、危険な箇所が指定されています。土砂災害警戒区域は、急傾斜地の崩壊、土石流及び地すべりに起因して指定されていますが、宝塚市では急傾斜地の崩壊及び土石流の自然現象により263箇所が指定されています。急傾斜地の崩壊による区域は、傾斜角度が30度以上で高さが5メートル以上の斜面、この斜面の上端から水平距離が10メートル以内の区域及びこの斜面の下端から斜面の高さの2倍の区域で、宅地がある又は宅地化が予想される区域となっています。次に、土石流による区域は土石流の発生のある渓流において、扇頂部から下流で勾配が2度以上の区域で、宅地がある又は宅地化が予想される区域となっています。

このページに関するお問い合わせ

都市安全部 生活安全室 公園河川課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁2階
電話:0797-77-2021 ファクス:0797-77-9119
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。