エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > よくある質問トップページ > 分野から探す > こんなときには > 就職・退職 > 退職した時に残額の市民税を一括して退職金より天引きされましたが、今年も納税通知書が送られてきました。これはなぜでしょうか。


ここから本文です。

就職・退職 よくある質問

ID番号 5000101 更新日  平成26年11月12日  印刷

質問 退職した時に残額の市民税を一括して退職金より天引きされましたが、今年も納税通知書が送られてきました。これはなぜでしょうか。

回答

市民税は、所得税と違い、前年中の所得に対して今年課税される(「前年所得課税」といいます。)仕組みになっています。したがって、退職を平成19年10月とすると、退職金より天引きして納めていただきました市民税は平成19度分(平成18年中の所得に対する税額)であり、また、今年(平成20年)お送りいたしました納税通知書は、平成20年度分(平成19年中の所得に対する税額)ですので、対象年度の違う市民税ということになります。

このページに関するお問い合わせ

企画経営部 市税収納室 市民税課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2055(諸税担当) 0797-77-2056(普通徴収担当) 
    0797-77-2057(特別徴収担当)
ファクス:0797-71-6188
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。