エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 観光・文化・産業 > 農政 > 高病原性鳥インフルエンザの対応について


ここから本文です。

高病原性鳥インフルエンザの対応について

ID番号 1001095 更新日  平成30年3月7日  印刷

2018年3月1日に兵庫県伊丹市で回収した死亡野鳥から、A型インフルエンザウイルス(高または低病原性)が検出されました。

宝塚市の対応

本市では平成23年1月より高病原性鳥インフルエンザに対する野鳥監視を行っております。今般の鳥インフルエンザの感染確認に伴い、環境省により平成30年3月、野鳥監視重点区域(下記添付ファイル4ページ参照)に指定されました。引き続き情報収集を継続し、市民の皆様への正確な情報発信に努めて参ります。
特に野鳥等の大量死亡は引き続き警戒することとし、同じ場所で、検査優先種種1、2の場合は1羽以上、検査優先種3及びその他の種の場合は3羽以上が死亡していた場合、検査基準に従い兵庫県と連絡調整を行い検査等を実施します。
検査優先種の一覧につきましては、下記添付ファイル5ページをご覧ください。
 

野鳥との接し方について

  • 死亡した野鳥など野生動物は、素手で触らないでください。また、野鳥などの死亡を発見された場合は、下記の部署までご連絡ください。
  • 日常生活において野鳥など野生動物の排泄物等に触れた後には、手洗いとうがいをしていただければ、過度に心配する必要はありません。
  • 鳥の糞が靴の裏や車両に付くことにより、鳥インフルエンザウイルスが他の地域へ運ばれるおそれがありますので、野鳥に近づきすぎないようにしてください。 特に、靴で糞を踏まないよう十分注意して、必要に応じて消毒を行ってください。
  • 不必要に野鳥を追い立てたり、つかまえようとするのは避けてください。

野鳥はエサをとれずに衰弱したり、老齢など様々な原因で死亡します。野鳥が死んでいても、鳥インフルエンザを直ちに疑う必要はありません。また、鳥インフルエンザウイルスは、野鳥観察など通常の接し方では、ヒトに感染しないと考えられています。 正しい情報に基づいた、冷静な行動をお願いいたします。

対応窓口

内容 時間等  担当課等 電話番号 
 死亡野鳥の受付 (注)予約受付
年中無休(年末年始除く)
※土・日・祝を含みます
午前9時~午後5時
 クリーンセンター 電話:0797-87-3363
その他 月曜日から金曜日(祝日を除く)
午前9時~午後5時30分
 農政課 電話:0797-77-2036

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

産業文化部 産業振興室 農政課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2036(農政課) 0797-77-2110(農業委員会)
ファクス:0797-77-2133
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。