エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 観光・文化・産業 > 農政 > 農政・農業関係(経営所得安定対策・就農・農地関係等) > 新規就農関係 > 新規就農について


ここから本文です。

新規就農について

ID番号 1004797 更新日  令和1年8月9日  印刷

農業をはじめるには

農業をはじめたいと思ったら、まずはご相談ください。

問い合わせ先

兵庫県阪神北県民局

  • 阪神農業改良普及センター 電話:079-562-1393
  • 宝塚市 農政課 電話:0797-77-2036

新規就農者確保事業

新規就農者確保事業について

事業概要

 本市では、新規就農者を確保するための取組みとして、農業大学校や研修施設の修了者(以下、「研修生」)を対象にパイプハウスを無償で貸し付け、市内の認定農業者による技術指導を実施し、農作物の生産を行ってもらいます。

本事業では、西谷地区で研修を積み、生産基盤を構築することで、宝塚市で就農しやすい環境を作り出します。

 事業対象者の要件

(1) 45歳以下であること 

(2) 市民(3か月以内に市民になることが確実な人を含む)

(3) 西谷夢市場(直売所)へ出荷すること

事業利用者の募集について

申込用紙を記入の上、農政課まで持参または郵送。8月19日(月曜日)必着

青年就農給付金

準備型

農業をはじめるにあたって、県農業大学校、先進農家等において研修を受ける方に給付金を支給。
1年あたり150万円 (最大2年)

主な要件

  1. 原則就農時年齢45歳未満であること
  2. 研修終了後に独立自営就農または雇用就農または親元での就農をめざすこと
    (注)親元就農を目指す者は、就農後5年以内に経営を継承するか、農業法人の共同経営者になること
  3. 研修計画が県が定めた基準に適合していること
  4. 常勤の雇用契約を締結していないこと
  5. 生活保護、求職者支援制度など生活費を支給する国の他の事業と重複受給でないこと



    給付金の返還要件等もありますので、詳しくは以下のページをご覧ください。

経営開始型

農業をはじめて間もない不安定な時期に給付金を支給。
1年あたり150万円 (最長5年)

主な要件

  1. 独立・自営就農時が原則45歳未満の新規就農者であり、農業経営者となることについての強い意欲を有していること
    (注)改正農業経営基盤強化促進法に基づき市から認定新規就農者の認定を受けていること
  2. 独立・自営就農であること
  3. 経営開始計画が適切であること
  4. 「人・農地プラン」の中心となる人(組織)へ位置づけられていることまたは、農地中間管理機構から農地を借り受けていること
  5. 生活保護など生活費を支給する国の他の事業と重複受給でないこと

  等

給付金停止・返還要件もありますので、詳しくは以下のページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

産業文化部 産業振興室 農政課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2036(農政課) 0797-77-2110(農業委員会)
ファクス:0797-77-2133
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。