エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 観光・文化・産業 > 文化・国際交流 > おうちで楽しむ文化とアート > おうちで海外気分!?世界のグルメをつくってみよう!! > (2)ヨーロッパ編 > スウェーデン料理


ここから本文です。

スウェーデン料理

ID番号 1038183 更新日  2020年7月1日  印刷

スウェーデン料理の特徴

スウェーデンは冬が長く、新鮮な食材がなかなか手に入らないことから、伝統的な料理はジャガイモやイワシなど保存のきく食材を用いたものが多いです。また、ユニークな名前の付いた料理が多いのも特徴です。

スウェーデンの国旗と地図

ヤンソンの誘惑

ヤンソンの誘惑

ヤンソンの誘惑はクリスマスに食べられる料理で、菜食主義の宗教家ヤンソンが、あまりにも美味しそうなこの料理を見て、誘惑に負けて食べてしまったことがこの名前の由来といわれています。本場では生クリームをたっぷりと使うのですが、今回は牛乳を使ってさっぱりとした味付けのレシピを紹介します。

材料(2人分)

・玉ネギ       1個(みじん切り)
・ジャガイモ     3個(千切り)
・アンチョビ フィレ 4~6枚(粗みじん切り)
・ブラックペッパー  適量
・パン粉       適量
・生クリーム     100ml
・牛乳        100ml
・バター       大さじ1

つくり方

(1)ジャガイモの皮をむいて、細長く千切りにする
(2)玉ネギはみじん切りに、アンチョビは粗みじん切りにする
(3)フライパンに少量のバターを入れ、玉ネギをしんなりするまで炒めたら、ジャガイモを加えて透明感が出るまで炒める
(4)耐熱皿に薄くバターを塗り、ジャガイモ・玉ネギ→アンチョビ→ジャガイモ・玉ネギ→アンチョビ→ジャガイモ・玉ネギの順で層になるように入れる
(5)鍋に生クリームと牛乳を入れ、沸騰する直前まで温めたら、(4)に混ぜ入れる
(6)アンチョビの汁を(4)に混ぜ入れ、ブラックペッパー、パン粉、小さく刻んだバターをかける
(7)200℃まで熱したオーブンに、(4)を入れ、25分焼く

 

空飛ぶヤコブ

空飛ぶヤコブ

航空会社に勤めていたヤコブが子どもたちのために発案したスウェーデンの家庭料理です。鶏肉・バナナ・チリソース・生クリームとびっくりするような組み合わせですが、このような対照的な味付けをするのもスウェーデン料理の特徴です。甘味、辛味、酸味のあるこの料理をカレーのようにご飯にかけて食べてみてください。

材料(3人分)

・鶏もも肉  200グラム
・バナナ   1本
・生クリーム 200グラム
・チリソース 60ml
・ピーナッツ 少々
・塩     少々
・コショウ  少々

つくり方

(1)鶏肉を一口大に切り、油をしいたフライパンで強火で焼く
(2)耐熱皿の底に焼いた鶏肉を並べる
(3)バナナの皮をむいて輪切りにしたら、並べた鶏肉の上に乗せる
(4)生クリームを角が立つまで泡立てたら、チリソースを混ぜて、(2)の上にかける
(5)180℃に温めたオーブンに入れ、25分焼く
(6)細かく刻んだピーナッツをふりかける

このページに関するお問い合わせ

産業文化部 宝のまち創造室 文化政策課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号
電話:0797-77-2009 ファクス:0797-77-2171
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。