エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 観光・文化・産業 > 観光 > 記憶の中の「生(せい)」再現プロジェクトについて > 記憶の中の「生(せい)」再現プロジェクトについて(5代目)


ここから本文です。

記憶の中の「生(せい)」再現プロジェクトについて(5代目)

ID番号 1003884 更新日  平成26年11月15日  印刷

5代目「生」のオブジェについて

【トピック1】

平成26年1月16日(木曜日):5代目「生」のオブジェをライトアップしました。

平成25年12月21日(土曜日):5代目「生」の石積み修復作業を実施しました。
当日は、市民等ボランティアの皆さんをはじめ関係者の皆さん延べ約15名のご協力により、無事作業を終えることができました。
ご協力いただきました皆さま本当にありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

平成26年1月12日(日曜日):「祈りの石」の制作を実施しました。
皆さんの震災に対する想いやメッセージを直接石に墨で描いていただきました。寒い中お越しいただきました皆さまありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

平成26年1月16日(木曜日)午後5時(日没)~9時:5代目「生」のオブジェのライトアップを実施しました。
阪神・淡路大震災の発生した日の前日に、震災追悼のためのライトアップを実施しました。

詳しくは、以下をご覧ください。

この『記憶の中の「生」再現プロジェクト』に関心のある方は、宝塚市政策推進課(電話:0797-77-2001)まで電話にてお問い合わせください。(ボランティアによる作業への参加希望など)

5代目「生」石積み・修復作業
[平成25年12月21日]

5代目「生」石積み・修復作業の写真


「祈りの石」の制作(参加者がそれぞれの想いを石に描く)
[平成26年1月12日]

5代目祈りの石1

5代目祈りの石2


阪神・淡路大震災追悼ライトアップ【石積みオブジェ】
(市内で亡くなられた方118名の数の懐中電灯による)
[平成26年1月16日]

5代目震災追悼ライトアップ1

5代目震災追悼ライトアップ2


阪神・淡路大震災追悼ライトアップ【金属製モニュメント】
(市内で亡くなられた方118名の数のキャンドルによる)
[平成26年1月16日]

モニュメント震災追悼ライトアップ1

モニュメント震災追悼ライトアップ2

【トピック2】

平成25年10月:5代目「生」のオブジェを制作(再現)しました。

平成25年10月5日(土曜日)・6日(日曜日):5代目となる「生」の石積みオブジェを制作(再現)しました。(大きさは、縦約25メートル×横約14メートル)
当日は、市民等ボランティアの皆さんをはじめ関係者の皆さん延べ約35名のご協力により、無事作業を終えることができました。
ご協力いただきました皆さま本当にありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

平成25年10月12日(土曜日):『記憶の中の「生」再現プロジェクト』をめぐる2つの映像上映+トークを宝塚シネ・ピピア(阪急宝塚線売布神社駅すぐ)にて開催しました。
詳しくは、以下ををご覧ください。ご来場いただきました皆さまありがとうございました。

平成25年10月14日(月曜日・祝日):5代目「生」のオブジェのライトアップ(日没から午後8時まで)を実施しました。
太陽光発電による電力を使用しLED照明によりライトアップしました。(今回も、NPO法人新エネルギーをすすめる宝塚の会にご協力いただきました)

赤・青・緑などに色が変化する「生」をご覧いただきました皆さま、また、ライトアップにご協力いただきました皆さまありがとうございました。

5代目「生」石積み・再現(延べ2日間、約35名のボランティアの皆さんが参加)
[平成25年10月6日]

5代目再現作業1

5代目再現作業2

5代目再現作業3

5代目再現作業4

「生」のオブジェの再現及びモニュメントの設置場所

「生」再現場所位置図
位置図[阪急今津線宝塚南口駅下車北へすぐ]

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

企画経営部 政策室 政策推進課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2001 ファクス:0797-72-1419
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。