エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 観光・文化・産業 > 観光 > 記憶の中の「生(せい)」再現プロジェクトについて > 記憶の中の「生(せい)」再現プロジェクトについて(4代目)


ここから本文です。

記憶の中の「生(せい)」再現プロジェクトについて(4代目)

ID番号 1003885 更新日  平成28年11月8日  印刷

4代目「生」のオブジェについて

【トピック1】

平成25年8月17日(土曜日):4代目「生」のオブジェをライトアップしました。

平成25年8月3日(土曜日)・4日(日曜日):「生」の石積みオブジェについて、中州内の草刈りと併せ、河川の増水などで崩れていた石積みの修復を行いました。

当日は、市民等ボランティアの皆さんをはじめ関係者の皆さん約30名のご協力により、無事作業を終えることができました。

猛暑の中、ご協力いただきました皆さま本当にありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

平成25年8月17日(土曜日):『宝塚「生」祈りのメッセージ・夏』(主催:宝塚「生」祈りのメッセージ・夏実行委員会)に併せライトアップ(日没から午後9時まで)を実施しました。

今回は、初の試みとして太陽光発電による電力を使用しLED照明によりライトアップしました。(NPO法人新エネルギーをすすめる宝塚の会の協力により実現しました)

赤・青・緑と色が変化する「生」をご覧いただきました皆さま、またライトアップにご協力いただきました皆さまありがとうございました。

LED照明によるライトアップ【石積みオブジェ】
(宝塚「生」祈りのメッセージ・夏に併せ実施)
[平成25年8月17日]

LEDライトアップ1

LEDライトアップ2

LEDライトアップ3

LEDライトアップ4

【トピック2】

平成25年1月16日:4代目「生」のオブジェをライトアップしました。

平成24年12月9日(日曜日):「生」の石積みオブジェについて、平成25年1月16日(阪神・淡路大震災の起こった日の前日)のライトアップに向け、中州内の草刈りと併せ崩れていた石積みの修復を行いました。

当日は、市民等ボランティアの皆さんをはじめ関係者の皆さんのご協力により、無事作業を終えることができました。

寒風の中、ご協力いただきました皆さま本当にありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

平成25年1月16日(水曜日):阪神・淡路大震災で亡くなられた方々への追悼の意を表し、4代目「生」のオブジェを「ライトアップ」しました。また、今年は新たに市内のNPO団体(シニアパワーを活かす会)から市へ「生」のモニュメントの寄贈があり、こちらもライトアップしました。(設置場所は以下のページを参照ください。)寒風の中、ご来場いただき誠にありがとうございました。

平成25年1月14日(月曜日・祝日):「生」のオブジェ(石)に、震災などに対する想いを墨で直接描く「祈りのかけら」は、雨天増水のため中止しました。ただし、「生」展において実施し、現地の石の中に置きました。

平成25年1月11日(金曜日)から1月14日(月曜日・祝日):「生」展(各日午前10時から午後5時まで)を宝塚市立国際・文化センター(サンビオラ1番館3階)で開催しました。

「祈りのかけら」の制作(参加者がそれぞれの想いを石に描く)
[平成25年1月14日]「生」展での実施状況

祈りのかけら1

祈りのかけら2


阪神・淡路大震災追悼ライトアップ【石積みオブジェ】
(市内で亡くなられた方118名の数の懐中電灯による)
[平成25年1月16日]

ライトアップ1

ライトアップ2


阪神・淡路大震災追悼ライトアップ【金属製モニュメント】
(市内で亡くなられた方118名の数のキャンドルによる)
[平成25年1月16日]

寄贈1

寄贈2

【トピック3】

平成24年7月:4代目「生」のオブジェを修復しました。

平成24年7月29日(日曜日):「生」の石積みオブジェについて、中州内の草刈りと併せ、河川の増水などで崩れていた石積みの修復を行いました。

当日は、市民等ボランティアの皆さんをはじめ、隣接して開催されていた“活かそう水辺、つなごう流れ”『近畿水環境交流会 in 武庫川・宝塚』(主催:近畿水環境交流会 in 武庫川・宝塚実行委員会)の催しに参画されていました摂南大学・エコシビル部の学生の皆さんなど関係者の皆さん約70名のご協力により、無事午前中で作業を終えることができました。

猛暑の中、ご協力いただきました皆さま本当にありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

平成24年8月19日(日曜日):「宝塚武庫川灯篭流し」(主催:宝塚武庫川灯篭流し実行委員会)に併せライトアップ(日没から午後9時まで)を実施しました。(18日(土曜日)は雨天のため19日(日曜日)に順延しました)

お越しいただきました皆さん、ライトアップの作業にかかわっていただいた皆さん、誠にありがとうございました。

着手前
着手前(4代目:全体的に崩れている)
[平成24年7月23日]

草刈り等
草刈り・石積み修復作業
(雑草の刈り取り等)
[平成24年7月29日]


石積み修復後
(宝塚大橋から武庫川上流側を望む)
[平成24年7月29日]

修復後1

修復後2


ライトアップ(宝塚武庫川灯篭流しに併せ実施)
[平成24年8月19日]
下段の写真2枚は、近隣マンション所有者の協力により撮影

ライトアップ1

ライトアップ2

ライトアップ3

ライトアップ4

【トピック4】

平成24年1月:「生」のオブジェのライトアップ等実施しました。

平成24年1月14日(土曜日):「祈りの石」の制作を行いました。

平成24年1月16日(月曜日):「生」のオブジェのライトアップ(阪神・淡路大震災の起こった日の前日)及び「ニコちゃんプロジェクト」を実施しました。寒風の中、たくさんの皆さまにご来場いただき誠にありがとうございました。

「祈りの石」の制作
(参加者がそれぞれの想いを墨で石に描く)
[平成24年1月14日]

祈りの石1

祈りの石2

祈りの石3

祈りの石4


阪神・淡路大震災追悼ライトアップ
(市内で亡くなられた方118名の数の懐中電灯による)
[平成24年1月16日]

ライトアップ1

ライトアップ2

ライトアップ3

ライトアップ4


「ニコちゃんプロジェクト」
(参加者がそれぞれの想いを紙皿に描く)
[平成24年1月16日・南口会館にて]

ニコちゃん1

ニコちゃん2

ニコちゃん3

ニコちゃん4

【トピック5】

平成23年12月10日:4代目「生」が完成しました。

今回の制作(再現)にあたっては、初代から3代目までの制作時と同様に、それら制作に関わっていただいた皆さんの想いを大切にしながら、阪神・淡路大震災で亡くなられた方々への追悼の想い、また今年3月11日に発生しました東日本大震災で被災された方々の復興支援を応援する想いを込めて作業を実施しました。

平成23年12月3日(土曜日)、4日(日曜日)、10日(土曜日)とも天候に恵まれ、3日間で延べ80人余りのボランティアの協力により、4代目「生」を再現することができました。ご協力をいただきました皆さま、本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

【河川の中での作業等について】

河川の中で作業を行うことは危険を伴い重大な事故に繋がることがあります。
『記憶の中の「生」再現プロジェクト』では、作業に当たっては、兵庫県等関係機関に届出を行うとともに、雨天時や増水時には作業を中止するなど安全面にも配慮しながら活動を行っています。

着手前
着手前(3代目の縦筋が僅かに残る)
[平成23年11月25日]

草刈り後
草刈り後(雑草の刈り取り)
[平成23年12月3日]


石積み(芯出し等)(「生」の字の芯出し・骨格の制作)
[平成23年12月3日]

石積み(芯出し)

石積み(骨格制作)


石積み(参加者それぞれの想いがよりしっかりしたものに仕上げていく)
[平成23年12月4日]

石積み1

石積み2

石積み3

石積み4


石積み(阪急電車から)約9割が完成
(左側:宝塚南口から宝塚行き、右側:宝塚から宝塚南口行き)
[平成23年12月4日]

阪急電車から(宝塚行き)

阪急電車から(宝塚南口行き)


完成前(「祈りの石」の制作)
(参加者がそれぞれの想いを墨で石に描く)
[平成23年12月10日]

祈りの石1

祈りの石2

祈りの石3

祈りの石4


石積み(完成)
(左側:宝塚大橋から、右側:宝塚南口から宝塚行き電車から)
[平成23年12月10日]

完成1

完成2

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

企画経営部 政策室 政策推進課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2001 ファクス:0797-72-1419
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。