エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 環境 > 温暖化対策・省エネルギー > イベント・お知らせ > 広報たからづか連載記事「地域からエネルギーを考えようシリーズ」 > 「地域からエネルギーを考えよう」シリーズ第1回


ここから本文です。

「地域からエネルギーを考えよう」シリーズ第1回

ID番号 1011498 更新日  平成27年6月4日  印刷

(これまでの「新エネルギーシリーズ」からリニューアルしてお知らせします)

産業革命以降、世界的に化石燃料(石炭や石油など)をエネルギー源として大量に燃やして地球上で吸収できる以上の温室効果ガスを排出してきており、地球温暖化が進行する一因となっています。

<温暖化のしくみ>
<温暖化のしくみ>
大気中の温室効果ガスの濃度が高くなるとより多くの熱を吸収してしまい、気温が上がる
(出典:平成18年度版 こども環境白書)

毎年6月は環境月間(6月5日環境の日)です。この機会に地球温暖化防止について、普段の生活での小さな行動の積み重ねその大切さなどを、もう一度考えてみませんか。

そこで今号では、本年3月に策定した「宝塚エネルギー2050ビジョン」についてお知らせします。このビジョンは、その名のとおり2050年に向けた計画で、現代生活になくてはならないエネルギー(電気やガス、ガソリンなど)の無駄な消費を抑え、より安全で安心な自然エネルギーの導入により、持続可能なまちづくりを進め、現在の環境を次世代へ引き継いでいこうとするものです。

本市ではこれまで、環境都市・宝塚を目指して環境に関する計画を策定するなど、環境施策を進めてきました。今回のビジョン策定は、2050年度に市内でのエネルギー自給率を50%に高めることに加え、その他の50%は、他の地域から再生可能エネルギー由来の電力や熱を活用しようとする目標値を掲げています。

ビジョンの目標値

また、2050年度までの長期にわたる計画であるため、2020年度に国内外のエネルギー政策の動向等を踏まえ、必要な見直しを行うこととしています。今回のビジョンは、最先端の技術(水素等)は含まず、現在、実証されている自然エネルギー導入推進を主とした計画ですが、今後、技術革新等が行われた場合は、ビジョン見直しの際に盛り込んでいくこととしています。エネルギーは社会の基盤でもあり、将来に向けて今から取り組みを行うことが必要です。これからも未来の世代に宝塚の環境を引き継いでいくため、皆さんと共に取り組みを進めていくことを目指しています。

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境室 地域エネルギー課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2361 ファクス:0797-71-1159
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。