エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 環境 > 公害対策 > 公害対策・注意情報 > 土壌汚染対策法に関すること > (事業者の方へ)土壌汚染対策法に基づく届出


ここから本文です。

(事業者の方へ)土壌汚染対策法に基づく届出

ID番号 1017163 更新日  2019年8月15日  印刷

土壌汚染対策法に基づく届出

土壌汚染対策法に基づく届出をいくつか紹介しています。
このページに掲載されていない届出や法律の詳細については、
ページ下部のリンク(関連情報「ひょうごの環境」)も参考にしてください。

なお、届出をお考えの場合は、事前にページ最下部の担当窓口までご相談ください。
 

一定の規模以上の土地の形質の変更 (第4条)

面積が3,000平方メートル以上の土地の形質の変更を行う場合、
着手日の30日前までに本届出が必要です。
以下の必要書類をまとめた2部(正本と副本)を提出してください。
その他、審査や協議により別途書類が必要になる場合や、届出が除外される場合もありますので、
あらかじめ担当窓口へご相談ください。

  • 様式第6
  • 所在地がわかる地図
  • 形質変更の場所や規模を明らかにした図面(切り土、盛り土部分の面積が分かる図面)
  • 土地の地番がわかる図面
  • 土地の履歴や所有者が分かる資料
  • 工事工程表
  • 同意書等(届出者や開発事業者と所有者が異なる場合、所有者全員の合意を証する書類)

形質変更時要届出区域内における土地の形質の変更 (第12条)

形質変更時要届出区域に指定されている土地で形質の変更を行う場合、
着手日の14日前までに本届出が必要です。
以下の必要書類をまとめた2部(正本と副本)を提出してください。
その他、審査や協議により別途書類が必要になる場合がありますので、
あらかじめ担当窓口へご相談ください。

  • 様式第15
  • 所在地がわかる地図
  • 形質変更の場所や汚染の状況を明らかにした図面
  • 施行方法を明らかにした資料(汚染土壌の飛散を防止する方法、平面図・立面図・断面図等)
  • 土地の地番がわかる図面
  • 工事終了後の土地の利用方法を明らかにした図面等

指定の申請 (第14条)

要措置区域または形質変更時要届出区域の指定を求める場合、本届出が必要です。
以下の必要書類をまとめた2部(正本と副本)を提出してください。
(その他、審査や協議により別途書類が必要になる場合があります。)
この届出を検討されている場合は、あらかじめ担当窓口へご相談ください。

  • 様式第20
  • 土地の周辺図、所在地がわかる図面
  • 所有者がわかる書類(登記簿等)
  • 土地の地番がわかる図面
  • 同意書等(届出者以外に所有者がある場合、所有者全員の合意を証する書類)

汚染土壌の区域外搬出 (第16条)

要措置区域または形質変更時要届出区域内の土地の土壌を区域外へ搬出する場合、
着手日の14日前までに本届出が必要です。
以下の必要書類をまとめた2部(正本と副本)を提出してください。
(その他、審査や協議により別途書類が必要になる場合があります。)
この届出を検討されている場合は、あらかじめ担当窓口へご相談ください。

  • 様式第26
  • 土地の周辺図、所在地がわかる図面
  • 土壌の分析結果等
  • 搬出、運搬、処理の完了予定日
  • 運搬、積替、保管に関する情報
  • 管理票(写し)
  • 処理を委託したことを証する書類
  • 汚染土壌処理の許可証(写し)

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境室 環境政策課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号
電話:0797-77-2070(環境保全担当) 0797-77-2072(公害担当)
ファクス:0797-71-1159
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。