エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 環境 > ごみ・リサイクル > 新しいごみ処理施設の整備に向けて


ここから本文です。

新しいごみ処理施設の整備に向けて

ID番号 1014879 更新日  平成29年5月9日  印刷

アースちゃん

 宝塚市の現在のごみ処理施設である「宝塚市クリーンセンター」は、昭和63年(1988年)に運転を開始したごみ焼却施設をはじめ、平成2年(1990年)稼動の粗大ごみ処理施設、し尿処理施設など、すでに25年以上が経過して経年的な老朽化が見られ、ごみ焼却施設については平成24年度(2012年度)から3ヵ年をかけて基幹的設備改良工事により延命化を図りました。

 しかし、施設の老朽化及び大規模改修等を繰り返すことによるコストの増大化や循環型社会形成のための新たな分別・処理方法等への対応が困難なため、現在、平成36年度(2024年度)稼働を目指す新たなごみ処理施設の整備に向けて検討を進めています。より多くの市民の方に知っていただくため、ホームページを設けます。

※新ごみ処理施設に関するコンテンツは当ホームページで随時更新していきます。

現在の取り組み

基本計画原案をもとに、宝塚市新ごみ処理施設整備基本計画策定に向け、庁内で検討しています。

これまでの経過

平成29年4月 宝塚市新ごみ処理施設整備基本計画原案を策定しました

基本計画検討委員会から提出された答申を受けて、宝塚市として本基本計画原案を策定いたしました。

平成29年3月 新ごみ処理施設整備基本計画原案 答申について

宝塚市新ごみ処理施設整備基本計画原案に対するパブリックコメントの結果公表について

宝塚市新ごみ処理施設整備基本計画原案にかかるご意見募集(パブリックコメント)

平成29年2月1日から平成29年3月2日までご意見を募集しました。(意見募集は終了しています。)

平成27年度から 宝塚市新ごみ処理施設整備基本計画検討委員会 

 基本構想を基に、施設整備に必要な各々の項目について具体的内容を検討し、新ごみ処理施設整備のための基本計画を策定するために、公募等によって選ばれた市民委員及び知識経験者等で構成される「新ごみ処理施設整備基本計画検討委員会」を新たに設置し、平成28年1月から審議しています。

工場イメージ

家族イメージ

平成27年11月 宝塚市新ごみ処理施設整備基本構想を策定しました

 基本構想検討委員会から提出された答申を受けて、宝塚市として本基本構想を策定いたしました。

平成27年11月 新ごみ処理施設整備基本構想 答申について

 基本構想検討委員会で、先進事例等について調査するとともに、環境に関する社会背景の変化、地球温暖化問題やごみ減量政策の推進に伴う市民意識の変化等を踏まえながら、新ごみ処理施設の建設や運営に必要な事項について毎回、活発な議論をしていただき、これまでの審議の結果を基本構想として取りまとめ、答申として市に提出されました。

平成27年11月 新ごみ処理施設整備基本構想(案)に対するパブリックコメントの結果公表について

平成25年度から平成27年度まで 新ごみ処理施設整備基本構想検討委員会 

 平成25年(2013年)11月に、公募等によって選ばれた市民委員及び知識経験者等で構成される「宝塚市新ごみ処理施設整備基本構想検討委員会」(以下「基本構想検討委員会」という。)を設置し、基本構想素案を基に、宝塚市として望まれる施設整備のあり方について検討し、「宝塚市新ごみ処理施設整備基本構想」(以下「基本構想」という。)としてまとめて頂くよう諮問いたしました。

平成24年度 新ごみ処理施設整備検討会(庁内検討会)

 平成24年度(2012年度)に庁内に新ごみ処理施設整備検討員会を設置し、8回の審議の後、市として考える新ごみ処理施設の基本的な考え方を「新ごみ処理施設整備基本構想素案」としてまとめました。

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

環境部 クリーンセンター 施設建設課
〒665-0827 宝塚市小浜1丁目2番15号
電話:0797-84-6363 ファクス:0797-81-1941
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。