エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 環境 > 環境・生活 > イベント・お知らせ > 民泊について


ここから本文です。

民泊について

ID番号 1026445 更新日  平成30年6月6日  印刷

民泊事業について

民泊事業の開始等を検討されている方は、以下の問い合わせ先にお問い合わせください。

民泊事業についてのお問い合わせ先

〇民泊事業を始めたい方(住宅宿泊事業場に基づく民泊)

  兵庫県 宝塚健康福祉事務所(〒665-0034 宝塚市小林3-5-22) 電話:0797-62-7314

〇民泊事業を始めたい方(旅館業法に基づく簡易宿所)

  兵庫県 宝塚健康福祉事務所 電話:0797-62-7314

〇苦情相談、違法民泊を発見した場合

  兵庫県 宝塚健康福祉事務所 電話:0797-62-7314

〇民泊に関する全般的なお問い合わせ

  民泊制度コールセンター (全国共通ナビダイヤル)  電話:0570-041-389

 

新法民泊(住宅宿泊事業法に基づくもの)について

 近年急増する訪日外国人観光客の多様な宿泊ニーズへの対応や、少子高齢化社会を背景に増加している空き家の有効活用といった地域活性化の観点から、民泊に対する期待が高まっています。

 一方で、民泊については、感染症まん延防止等の公衆衛生の確保や、地域住民等とのトラブル防止に留意したルールづくりはもとより、旅館業法の許可が必要な旅館業に該当するにもかかわらず、無許可で実施されているものもあることから、その対応の必要性が生じているところです。

 これらの課題を踏まえ、一定のルールの下、健全な民泊サービスの普及を図るため、平成29年6月に住宅宿泊事業法(平成29年法律第65号)が成立しました。

この住宅宿泊事業法に基づき、民泊サービス等を営もうとする場合、国や県に届出や登録が必要となります。

なお、同法において、住宅宿泊事業者には、地域周辺環境への悪影響の防止、治安維持、犯罪防止等の観点から、以下の内容等が義務付けられています。

・標識の掲示義務

・宿泊者の安全の確保

・外国人観光旅客である宿泊者の快適性及び利便性の確保

・宿泊者名簿の備付け

・周辺地域への悪影響の防止

・苦情等への対応

詳細は、下記の関連情報(外部リンク)を参考にしてください。

関連情報

水質汚濁防止法に基づく届出について

水質汚濁防止法の規定により、浴室や台所等が特定施設に該当し、届出が必要となる場合があります。

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境室 環境政策課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号
電話:0797-77-2070(環境保全担当) 0797-77-2072(公害担当)
ファクス:0797-71-1159
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。