エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 環境 > 環境・生活 > 「ツメレット」が国連生物多様性の10年日本委員会の応援キャラクターに任命されました!


ここから本文です。

「ツメレット」が国連生物多様性の10年日本委員会の応援キャラクターに任命されました!

ID番号 1021412 更新日  平成29年6月29日  印刷

宝塚市の生物多様性シンボルキャラクター「ツメレット」が、このたび「国連生物多様性の10年日本委員会」の応援キャラクターに任命されました!
生物多様性の保全をはじめとした環境保全活動について、市内だけでなく様々な地域や団体と連携を取りながら進んでいきます!

UNDB-J任命書
国連生物多様性の10年日本委員会から届いた任命書

国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)とは

国連生物多様性の10年日本委員会ロゴ

人間の暮らしを支える根幹である生物多様性を保全するには、単にその場の自然環境を守るだけでなく、生物多様性の恩恵を受ける社会全体で生物多様性の価値を理解し、守る行動をしていかなければなりません。

2011年から2020年までの10年間は、国連の定めた「国連生物多様性の10年」です。
2010年10月に名古屋で開催された生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)で採択された、生物多様性保全のための新たな世界目標である「愛知目標」の達成に貢献するため、国際社会のあらゆるセクターが連携して生物多様性の問題に取り組むこととされています。

これを受け、「愛知目標」の達成を目指し、国、地方公共団体、事業者、国民および民間の団体など、国内のあらゆるセクターの参画と連携を促進し、生物多様性の保全と持続可能な利用に関する取り組みを推進するため、「国連生物多様性の10年日本委員会」(UNDB-J:United Nations Decade on Biodiversity - Japan committee for UNDB)が2011年9月に設立されました。

生物多様性キャラクター応援団について

ツメレット画像

国民一人ひとりに生物多様性に対する認知や理解を広げ、国民運動として生物多様性に関する様々な取り組みを促進することを目的に、UNDB-Jの広報組織として「生物多様性キャラクター応援団」が設置されました。

応援団及び団員には、生物多様性全国ミーティングや生物多様性地域セミナー等における「生物多様性キャラクター応援団共同宣言」の実施、様々なイベントやウェブサイト、小冊子「Iki・Tomo」での情報発信など、生物多様性の保全に関する様々な広報活動を実施することとされています。
 ツメレットは応援団の一員として、今後市内だけでなく他の地域や団体等との情報共有や連携など活動の輪を広げながら、本市の生物多様性の保全をはじめとした環境保全活動に役立つ活動を推進します。

環境政策課窓口に任命書を掲示しています!

窓口写真
是非窓口にて実物をご覧ください!

今回環境省から送られてきた任命書と応援団名刺を環境政策課窓口に掲示しています。
環境政策課の窓口には生物多様性に関するパンフレットをはじめ、環境に関する様々な案内、パンフレット、チラシを設置していますので、市役所にお立ち寄りの際はぜひ環境政策課にお立ち寄りいただき、任命書をご覧いただきたいと思います。

ツメレットの名刺やツメレットのイラスト入り缶バッジを配布しています(数量限定)ので、ご希望の方は窓口にてお気軽にお声がけください。

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境室 環境政策課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号
電話:0797-77-2070(環境保全担当) 0797-77-2072(公害担当)
ファクス:0797-71-1159
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。