エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 環境 > 動物の飼育 > 犬の登録・狂犬病予防注射の接種について


ここから本文です。

犬の登録・狂犬病予防注射の接種について

ID番号 1000741 更新日  平成29年7月20日  印刷

犬の登録・狂犬病予防注射の接種について

生後91日以上の犬を飼っている人は、必ず登録の手続き(生涯に1回)を行い、鑑札の交付を受けていただくとともに、年に一回必ず狂犬病予防注射を受け、注射済票の交付を受けていただくことが、狂犬病予防法で義務づけられています。

宝塚で犬を飼われている場合、下記のような届出が必要です。

各申請手続きは、市役所生活環境課及び宝塚市獣医師会加入の各動物病院等で、受付しています。申請手続き等の詳細については、生活環境課(電話:0797-77-2074)までお問い合わせ下さい。

宝塚市で登録をしていない犬について

初めて登録をする犬の飼い主:新規登録届(注)が必要です。

他市で登録済の犬の飼い主:登録事項変更届が必要です。

宝塚市で既に登録済の犬について

飼い主の氏名や住所等に変更があった場合:登録事項変更届が必要です。

狂犬病予防注射を受けた犬について

狂犬病予防注射済票(下記参照)をお持ちでない場合、交付申請手続き(注)が必要です。
動物病院で発行される注射済証明書をご持参のうえ、交付申請手続きをしてください。

交付された鑑札(下記参照)や注射済票がない場合

紛失や破損等でない場合、再交付申請により再交付できます。
但し、再交付分は既存の番号と異なる、新しい番号に変更となります。

(注)新規登録届・注射済票交付等各種申請について、宝塚市獣医師会加入の各動物病院等でも、手続き可能です。(宝塚市獣医師会加入医院については、以下の添付ファイルをご覧ください。それ以外の病院については、直接病院でお尋ねください。)

手数料については、次のとおりです。

  • 新規登録(鑑札交付)手数料 3,000円
  • 鑑札再交付手数料 1,600円
  • 注射済票交付手数料 550円
  • 注射済票再交付手数料 340円

他市へ転出された場合

宝塚市での転出届は不要です。転入先の市町村で登録事項変更届をして下さい。

飼い犬が死亡した場合

死亡届が必要です。

(注)窓口での届出ができない場合は、死亡届は電話でも受付可能です。

狂犬病予防注射済の標識(シール)について

犬を飼っている事を知らせる目的の標識(シール)について、従来、注射を受けた犬に注射済票とともに配布していましたが、平成21年度分より、県のホームページより標識(シール)画像をダウンロードし、作成する方法に変わりましたので、飼い主自身で作成し、玄関等近隣住民や通行者に、わかりやすい場所に掲示してください。

兵庫県の標識掲載ページについては、以下をご覧ください。

各申請手続きは、市役所生活環境課及び宝塚市獣医師会加入の各動物病院等で、受付しています。
申請手続き等の詳細については、生活環境課(電話:0797-77-2074)までお問い合わせ下さい。

なお、狂犬病予防注射の集合注射の日程については、毎年4月号の広報でお知らせします。(既に登録済みの犬の飼い主へは、毎年3月末頃に案内はがきを送付しています。)

犬鑑札・狂犬病予防注射済票について

交付を受けた鑑札及び注射済票は、常に犬に装着することも義務となっています。
特に鑑札は、常に装着しておくことにより、万一飼っている犬が迷子になった場合でも、飼い主が判明しやすくなりますので、愛犬のためにも必ず装着してあげましょう。
平成21年度交付分より、犬鑑札(以降:鑑札)及び狂犬病予防注射済票(以降:注射済票)の形状を、従来の楕円形(鑑札)と長方形(注射済票)から、犬型(鑑札)と骨型(注射済票)に変更となっています。

(注)なお、現在旧鑑札(楕円形)をお持ちの方は、その鑑札(登録番号)が有効となります。新しい鑑札(犬型)への変更手続き等は不要です。

犬鑑札は平成21年4月1日受付分より変更

旧鑑札(楕円形)の画像
旧鑑札

新しい鑑札(犬型)の画像
新鑑札

狂犬病予防注射済票は平成21年3月2日注射分より変更

旧注射済票の画像
旧注射済票

新注射済票の画像
新注射済票


このページに関するお問い合わせ

環境部 環境室 生活環境課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2073(霊園・火葬場担当) 0797-77-2074(都市美化担当) 
    0797-77-2146(宝塚すみれ墓苑担当)
ファクス:0797-71-1159
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。