エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 健康・福祉 > 障がい者差別解消 > 「障がいを理由とした差別と思われる事例」などを募集します(募集は終了しました)


ここから本文です。

「障がいを理由とした差別と思われる事例」などを募集します(募集は終了しました)

ID番号 1012815 更新日  平成27年10月6日  印刷

「障がいを理由とした差別と思われる事例」「障がいがある人への配慮の好事例」を募集します(募集は終了しました)

障がいのある人への差別をなくすことで、障がいのある人もない人も共に生きる社会をつくることを目指して「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(通称「障害者差別解消法」)が平成28年4月に施行されます。

宝塚市においても、障がいの有無にかかわらず、互いに人格と個性を尊重し支え合い安心して暮らせる地域社会(共生社会)の実現のため、障がいを理由とする差別の解消に関する条例の制定など、今後、様々な取り組みを進めていく予定です。

障がいのある人への差別の解消のためには、まず、「どのようなことが障がいを理由とする差別となりうるのか」また「障がいのある人にとってどのような配慮が必要なのか」などの事例を十分に把握し、必要な配慮や制度を検討することが重要です。

そこで、宝塚市では、広く市民の皆様に「障がいを理由とした差別と思われる事例」と「障がいのある人への配慮の好事例」を募集します

皆様からいただいた事例は、宝塚市の障がいを理由とする差別の解消に関する条例をはじめ、様々な市施策の参考にさせていただきます。

1 募集対象

宝塚市内にお住まいの方、または宝塚市内に通勤、通学、通所している方

2 募集期間

平成27年(2015年)7月31日(金曜日)~平成27年(2015年)8月31日(月曜日)

3 応募方法

応募用紙にご記入の上、下記 障害福祉課に直接持参、郵送、ファクスまたはEメールにて提出してください。

応募用紙に記載することが難しい場合は、市職員が聞き取りをします。

手話による聞き取りも可能です。

4 提出先

宝塚市障害福祉課

〒665-8665 宝塚市東洋町1-1

電話: 0797-77-2077 

ファクス:0797-72-8086

Eメールアドレス   m-takarazuka0046@city.takarazuka.lg.jp

5 留意事項

・差別の定義は特に定めていませんので、応募者自身が差別だと思った事例であれば構いません。ただし「障がいを理由とするもの」に限ります。   

・事例の内容は、どのような場面、場所、いつぐらいの出来事であったかがわかるように、できるだけ具体的に記載してください。 ただし、個人が特定される情報(住所・名前など)は記載しないようにしてください。

6 事例募集チラシ 応募用紙 記入例

7 <わかりやすい版> 事例募集チラシ 応募用紙 記入例

8 手話動画による募集内容説明

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 福祉推進室 障害福祉課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁グランドフロアー
電話:0797-77-9110(手帳・自立支援医療担当) 0797-77-2077
ファクス:0797-72-8086
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。