エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 平成29年度(2017年度)高齢者等インフルエンザ予防接種について


ここから本文です。

平成29年度(2017年度)高齢者等インフルエンザ予防接種について

ID番号 1004788 更新日  平成29年11月21日  印刷

65歳以上等の方を対象とした予防接種法に基づく定期予防接種としてインフルエンザの予防接種を行います。 詳しくは、下記のとおりです。ご本人が希望する場合に、接種を受けてください。
なお、定期接種対象者以外の方につきましては、任意接種となり、全額自己負担となります。

対象者

  1. 満65歳以上の宝塚市民
  2. 満60歳から65歳未満で、心臓・腎臓・著しい呼吸器の機能または、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能障がいを有し、身体障害者手帳1級の認定を受けている宝塚市民(主治医とよく相談してください。)

実施期間

平成29年10月15日(日曜日)から平成30年1月31日(水曜日)
(接種を希望される方は、できるだけ12月中旬までに受けましょう)

接種回数

1回

自己負担金

1,500円
(但し、生活保護適用証明書、中国残留邦人等支援給付受給証明書の持参者は、自己負担金なし)

実施場所

宝塚市高齢者等インフルエンザ予防接種実施医療機関

市外での接種について

  • 市外で接種を受けられる場合は、宝塚市発行の依頼書が必要ですので、接種までに健康センターで依頼書発行の手続きをしてください。
  • 接種後の依頼書発行の手続きはできません。
  • 依頼書の発行に際し、接種予定の市町村に実施医療機関、接種費用等をご確認ください。
    (注)阪神6市1町(尼崎市・西宮市・芦屋市・伊丹市・川西市・三田市・猪名川町)のインフルエンザ予防接種実施医療機関で接種を受ける際には、接種時に予防接種依頼書があれば宝塚市が設定する自己負担金で接種できます。また生活保護適用証明書または中国残留邦人支援給付受給証明書があれば無料で受けることができます。
    (注)平成26年度から、予防接種依頼書により、阪神6市1町以外の市町村で受け自己負担が生じた場合、宝塚市の自己負担額との差額が生じた場合は、宝塚市の自己負担額の差額を払い戻す制度があります(上限額あり)。

依頼書発行の申請方法

下記の提出書類を健康推進課(市立健康センター)へ郵送してください。
窓口へお越しの際は、月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)午前9時から午後5時30分にお願いします。

提出書類

  1. 「他市における定期予防接種実施依頼書発行申請書(高齢者用)」
  2. 返信用封筒に送付先(ご自宅の住所等)を記載したもの(82円切手貼付)
  3. 60歳から64歳の人で、上記の障がいを有し、身体障害者手帳1級の認定を受けている方
    :身体障害者手帳(氏名・障害名・等級の記載部分)の写し

問い合わせ先

宝塚市立健康センター

〒665-0827 宝塚市小浜4-4-1
電話:0797-86-0056
ファクス:0797-83-2421

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康推進室 健康推進課(健康センター)
〒665-0827 宝塚市小浜4丁目4番1号
電話:0797-86-0056 ファクス:0797-83-2421
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。