エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 健康・福祉 > 健康 > アルコール関連問題啓発週間


ここから本文です。

アルコール関連問題啓発週間

ID番号 1013285 更新日  平成30年11月1日  印刷

11月10日~16日は〈アルコール関連問題啓発週間〉です

~アルコールに関連する問題をご存知ですか?~

 お酒は適量であれば、生活に豊かさと潤いを与え、その伝統と文化は国民の生活に深く浸透しています。

 その一方で、不適切な飲酒はアルコール健康障害の原因となります。それらは本人の健康問題であるだけでなく、家族への深刻な影響や重大な社会問題を生じさせるおそれがあります。

 このため、アルコールによる健康障害等への対応を推進し、国民の健康を保護するとともに安心して暮らすことのできる社会の実現のため、アルコール健康障害対策基本法が平成25 年12 月13 日に公布され、平成26 年6 月1 日に施行されました。

 また、内閣府は基本法に基づき、平成28年5月に「アルコール健康障害対策推進基本計画」を策定しています。

アルコール健康障害対策基本法の概要

こちらをご覧ください。↓

アルコール健康障害対策基本法は、

       毎年11月10日~11月16日アルコール関連問題啓発週間と定めています。

11月10日から16日はアルコール関連問題啓発週間です。(イラスト)

アルコール関連問題について、一人一人が自らに関わりのあることと捉え、理解を深め、アルコール健康障害の予防に取り組んでいきましょう。

アルコールに関連する問題(平成26年度アルコール関連問題啓発リーフレットより一部抜粋)

  1. イッキ飲みは死を招く
  2. 習慣飲酒は生活習慣病の原因に
  3. 多量飲酒はがんのリスクを高める
  4. 寝酒は睡眠の質を落とす
  5. アルコール・うつ・自殺は「死のトライアングル」
  6. アルコールには依存性がある
  7. 女性は害を受けやすい
  8. 前夜の飲み方で翌朝に酒気帯びのおそれがある
  9. 飲酒運転の背景に多量飲酒や依存症もある
  10. 駅のホームにおける人身事故の6割が酔客
  11. 深刻なDVの多くは飲酒時に起きる
  12. 未成年はアルコールの分解能力が未発達
  13. 妊婦が飲むとアルコールは胎盤から胎児へ
平成30年度 参考資料
平成26年度 参考資料

相談先

  • 精神保健福祉センター
  • 宝塚健康福祉事務所(地域保健課) 

   住所  宝塚市小林3丁目5番22号   電話番号(代表) 0797-72-0054

  • 宝塚市立健康センター

   住所  宝塚市小浜4丁目4番1号    電話番号     0797-86-0056

関連情報

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康推進室 健康推進課(健康センター)
〒665-0827 宝塚市小浜4丁目4番1号
電話:0797-86-0056 ファクス:0797-83-2421
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。