エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 健康・福祉 > 健康 > インフルエンザ予防


ここから本文です。

インフルエンザ予防

ID番号 1018271 更新日  平成31年1月18日  印刷

インフルエンザが流行期に入りました

インフルエンザの流行が警報レベルになりました

兵庫県によると、1月7日~1月13日の定点あたりのインフルエンザ患者数は、宝塚保健所管内においては、警報レベルの基準値(定点あたり患者数30人)以上となり、増加しています。
インフルエンザの予防には、ワクチン接種、手洗いが有効です。また、感染が疑われる場合は、マスクの着用、咳エチケット、早めの受診が重要です。

インフルエンザの予防方法

  • 流行する前にインフルエンザワクチンの予防接種を受けましょう。
  • 帰宅したら手洗い、うがいを励行しましょう。
  • 適度な湿度(50から60%)を保持しましょう。
  • 十分な睡眠とバランスのよい栄養を摂ることを心がけましょう。
  • 外出時は、マスクを着用し、人混みはなるべく避けましょう。
  • 咳エチケットを心がけましょう。

咳エチケットとは

  •  咳・くしゃみが出る時は、他の人にうつさないためにマスクを着用しましょう。マスクを持っていない
     場合は、ティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけて1m以上離れましょう。
  •  鼻汁・痰などを含んだティッシュはすぐにゴミ箱に捨てましょう。
  •  咳をしている人にマスクの着用をお願いしましょう。

インフルエンザ関連ホームページ

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康推進室 健康推進課(健康センター)
〒665-0827 宝塚市小浜4丁目4番1号
電話:0797-86-0056 ファクス:0797-83-2421
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。