エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 健康・福祉 > 生活支援 > せいかつ応援センター


ここから本文です。

せいかつ応援センター

ID番号 1011037 更新日  平成29年3月29日  印刷

生活の困りごと、しごとの悩み、まずはご相談ください

 病気や精神的な不安などで働きたくても働けない、住むところがないなど、まずはお困りごとをお聞かせください。年齢や外出の可否に関わらず、ひきこもり状態の人にも、社会復帰を目指して相談支援員が一緒に考え、解決へのお手伝いをします。ご家族などまわりの人からの相談でも受け付けます。

 

【自立相談支援事業】

●あなただけの支援プランを作ります

 生活の困りごとや不安を抱えている場合は、まずは「せいかつ応援センター」にご相談ください。専門の相談支援員が相談を受けて、どのような支援が必要かを一緒に考えます。具体的な支援プランをもとに、自立に向けた支援を受けられます。また、相談者が自ら家計を管理できるように、家計の立て直しに関するアドバイスが受けられます。

 就労の支援を希望される方は、支援プランを作成した後に「はたらく応援センター」におつなぎします。

 ・「はたらく応援センター」の詳細についてはページ下部リンクよりご確認ください。

 

【住居確保給付金】※(65歳未満で離職後2年以内の方が対象です)

●家賃相当額を支給します

 離職などにより住居を失った人、または失うおそれのある人には、就職に向けた活動をすることなどを条件に、一定期間、家賃相当額を支給します。生活の土台となる住居を整えた上で、就職を目指すための支援です。

 ・詳細はページ下部リンクよりご確認ください。

 

【就労準備支援事業】※

●社会・就労への第一歩

 「社会との関わりに不安がある」、「他の人とコミュニケーションが上手くとれない」など、直ちに就労が困難な人は、6か月から1年の間、プログラムにそって、一般就労に向けた基礎能力を養いながら就労に向けた支援や就労機会の提供を受けられます。

 

【一時生活支援事業】

●衣食住の確保が必要な方に

 住居をもたない人等の不安定な住居形態にある人は、一定期間、宿泊場所や衣食の提供を受けられます。

 ・ただし、自立相談支援事業の利用が原則で、世帯の収入や資産に一定の要件があります。

※印の付いた事業は、相談者及びその人の属する世帯の収入要件があります。

 

相談窓口 【せいかつ応援センター】

 場  所  宝塚市役所G階 防災センター(庁舎総合案内)隣

 受付時間  平日9時~17時半

 電話番号  0797-77-1822

 メールアドレス  seikatsu@shakyo.org

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 福祉推進室 せいかつ支援課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号
本庁グランドフロアー(生活困窮者自立支援担当)
本庁2階(恩給・援護担当)
電話:0797-77-0651(生活困窮者自立支援担当)
電話:0797-77-2143(恩給・援護担当)
ファクス:0797-72-8086
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。