エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 健康・福祉 > 障がい者 > 宝塚市障害福祉計画(第5期計画)・宝塚市障害児福祉計画(第1期計画)


ここから本文です。

宝塚市障害福祉計画(第5期計画)・宝塚市障害児福祉計画(第1期計画)

ID番号 1010634 更新日  平成30年8月6日  印刷

宝塚市障害福祉計画(第5期計画)・宝塚市障害児福祉計画(第1期計画)がまとまりました。

計画の概要

障害福祉サービスの基盤整備を行っていくに当たっては、国の基本指針やこの計画の基本的理念「障がいのある人が、安心して、自分らしく暮らせるまちづくり」を踏まえ、この計画の「成果目標・活動指標の設定における基本方針」を次のとおり設定し、計画的な整備を行うこととします。

(1) 地域生活を支える福祉サービス・支援の充実

ノーマライゼーションの理念のもと、障がいのある人が地域社会で自立し、安心して暮らしていくことができるよう、地域生活を支える基本的な福祉サービス(居宅介護、重度訪問介護、行動援護等)や地域生活支援事業等の支援を充実させていきます。

(2) グループホーム等の確保、地域生活の場の充実、及び地域生活支援拠点等

施設入所・入院から地域生活や自立生活への移行を進め、障がいのある人が地域社会の一員として安心して暮らしていくことができるよう、地域における居住の場としてのグループホームを確保し、地域生活の場の充実を図ります。

(3) 地域社会で暮らしていくための就労支援の強化

障がいのある人が働くことを通じて社会参加を実現し、地域社会で自立し、安心して暮らしていくことができるよう、その能力や適性に応じた就労支援等の支援を充実させていきます。

(4) 相談支援体制の充実

障がいのある人が地域社会で、安心して暮らしていくことができるよう、地域支援体制の構築や相談支援の中核的な役割を担う基幹相談支援センターを設けて、相談支援体制を充実させていきます。障害福祉サービスなどを利用するに当たり、サービス等利用計画が適切に作成されるよう、体制を確保していきます。

  (5) 障がい児支援に関する体制の充実

障がい児及びその家族が、地域の中で乳幼児期から学校卒業まで一貫した支援を受けられるよう、障害福祉サービスや障害児通所支援等の専門的な支援を確保していきます。また重症心身障がい児や医療的ケア児など、特に支援が必要な障がい児に対し、各関係機関との連携体制を確保していきます。

計画の構成

表紙・目次

第1章 宝塚市障害福祉計画・宝塚市障害児福祉計画の位置付け

第2章 宝塚市障害福祉計画・宝塚市障害児福祉計画の基本的理念

第3章 宝塚市障害福祉計画・宝塚市障害児福祉計画の期間等

第4章 宝塚市における障がいのある人の現状

第5章 宝塚市障害福祉計画(第5期計画)

第6章 宝塚市障害児福祉計画(第1期計画)

第7章 市町村の地域生活支援事業の実施に関する事項

資 料

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 福祉推進室 障害福祉課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁グランドフロアー
電話:0797-77-9110(手帳・自立支援医療担当) 0797-77-2077
ファクス:0797-72-8086
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。