エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 健康・福祉 > 障碍(しょうがい)者 > 「障碍(がい)者(児)の幸せを考える標語・作文」入賞作品を発表


ここから本文です。

「障碍(がい)者(児)の幸せを考える標語・作文」入賞作品を発表

ID番号 1017741 更新日  令和1年12月13日  印刷

「障碍(がい)者(児)の幸せを考える標語・作文」入賞作品を発表

市・市教育委員会・宝塚障害福祉市民懇談会が募集しました「障碍(がい)者(児)の幸せを考える標語・作文」に標語92点、作文23点が寄せられ、入賞者(=敬称略)が決定しました。

 

【標 語】

[入選]

「きづこうよ となりのひとの きもちから」

 安倉北小学校2年生  原 結人(はら ゆいと)

 

[佳作]

「声かけが 心安らぐ その一歩」

長尾中学校1年生  齊藤 修一郎(さいとう しゅういちろう)

 

「分かりあい 共に寄り添い 明るい社会」

一般  加藤 忍(かとう しのぶ)

 

「つながろう 人の輪 きずな こころの和」

一般  今北 眞奈美(いまきた まなみ)

 

 

【作 文】

[入選]

光ガ丘中学校1年生  大谷 凛太郎(おおたに りんたろう)

 

[佳作]

中山五月台中学校3年生  眞下 龍彦(ましも たつひこ)

 

雲雀丘学園高等学校1年生  高田 瑶子(たかだ ようこ)

 

 

※ 標語及び作文の作品集については、12月8日(日曜日)に中央公民館で行われる障害者週間記念事業においてご来場者の方へ配布いたします。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 福祉推進室 障害福祉課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁グランドフロアー
電話:0797-77-9110(手帳・自立支援医療担当) 0797-77-2077
ファクス:0797-72-8086
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。