エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 健康・福祉 > 障碍(しょうがい)者 > 平成31年度兵庫県グループホーム新規開設サポート事業にかかる事前協議について


ここから本文です。

平成31年度兵庫県グループホーム新規開設サポート事業にかかる事前協議について

ID番号 1030672 更新日  令和1年9月11日  印刷

平成31年度兵庫県グループホーム新規開設サポート事業にかかる事前協議(グループホーム設置事業者への補助)

 当該事業は、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第123号)第5条に規定する共同生活援助を行う住居(以下「グループホーム」という。)の開設時の初度備品や、住居の借り上げ等に要する初期経費を助成することにより、グループホームの新規開設を促進し、障害者の地域移行の推進を図ることを目的とされたものです。

 つきましては、事前協議を希望される事業者は、9月20日(金曜日)までに、事前協議書を作成のうえ、宝塚市障害福祉課へご提出いただきますようお願いいたします。 

 

【補助対象経費】※令和2年4月1日までに開設し、令和2年3月31日までに開設者が購入又は負担したものに限る。

(1)備品購入費:グループホーム開設の前後2月以内に、グループホームの利用者が共同で使用する備品を購入する費用(利用者が居室で個人的に使用する物品は対象外)(対象備品例:IH電磁調理器、エアコン、消火器、冷蔵庫、洗濯機等)

※「グループホームの開設」とは、1以上の住居により構成され、定員4人以上のグループホームとして、新たに共同生活援助事業所の指定を受けることをいう。(既存の共同生活援助事業所と一体的に運営される事業所として指定を受ける場合を含む。ただし、1グループホームにつき1回限りとする。)

(2)住居の借り上げ等に要する初期経費:住居の借り上げに伴う敷金、礼金、仲介手数料(賃貸借期間の終了に伴い、補修分を差し引くなどして返金されるものを除く。ただし、契約書に「敷引きの金額」等、返金されないことが明記してあるものは対象とする。)  

【基準額】

(1)備品購入費:補助対象経費の2/3と補助基準額270,000円を比較して低い方の額

(2)住居の借り上げ等に要する初期経費:補助対象経費の2/3と定員1人あたり70,000円を比較して低い方の額

【負担割合】

(1)備品購入費、(2)住居の借り上げ等に要する初期経費ともに、県1/3、市1/3、事業者1/3                              

 

提出先

宝塚市役所 健康福祉部 障害福祉課

【住所】 〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号

【電話】 0797-77-9110(直通)

【ファクス】 0797-72-8086

 

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 福祉推進室 障害福祉課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁グランドフロアー
電話:0797-77-9110(手帳・自立支援医療担当) 0797-77-2077
ファクス:0797-72-8086
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。