エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 暮らし・手続き > 印鑑登録 > 印鑑登録のよくあるご質問


ここから本文です。

印鑑登録のよくあるご質問

ID番号 1003875 更新日  平成30年2月21日  印刷

今日中に印鑑登録をして、同時に印鑑登録証明書を取りたい

回答

印鑑登録申請をするご本人が窓口へお越しになった上で、以下のどちらかの場合にあてはまる時は、すぐに登録ができ、同時に印鑑登録証明書を取得できます。

  1. 顔写真付き公的な本人確認書類を提示された場合
  2. 保証人制度による登録申請の場合

詳しくは、こちらのページをご覧ください。

印鑑登録証を紛失してしまった・盗難にあった

回答

印鑑登録証を紛失したり、盗難にあったりしたときはできるだけ早く、窓口で印鑑登録の廃止申請を行ってください。
新たに印鑑登録を行うことにより、現在の登録を廃止することもできます。

すぐに窓口へお越しになれない場合は、電話連絡により一時的に印鑑登録証明書の発行を制限することができます。
窓口サービス課(電話:0797-77-2050)までご連絡ください。

(注)印鑑登録証をお持ちでない場合は、印鑑登録証明書の交付ができません。
   証明書が必要な方は、再度、印鑑登録申請を行ってください。

登録印鑑を別の印鑑に変更したい

回答

新たな印鑑をお持ちの上、再度、印鑑登録申請を行ってください。
現在登録している印鑑(古い印鑑)は必要ありません。

印鑑登録を廃止したい

回答

窓口で印鑑登録の廃止申請を行ってください。申請の際、登録印鑑をご持参ください(印鑑を紛失している場合は必要ありません)。
代理の方が手続きする場合は、委任状が必要です。

引っ越しに伴い印鑑登録も手続きが必要ですか

回答

宝塚市内で転居した場合

転居届により、印鑑登録も自動的に住所が変更されますので、印鑑登録証はそのまま使用できます。

市外から宝塚市へ転入した場合

前住所地の印鑑登録は自動的に廃止されますので、必要な方は新たに印鑑登録申請をしてください。

宝塚市から別の市区町村へ転出した場合

転出届により、印鑑登録は異動日(転出予定日)をもって自動的に廃止されますので手続きは不要です。
印鑑登録証は転出届の際に返却、または転出後に破棄してください。

印鑑登録をしていた方が亡くなったときは手続きが必要ですか

回答

死亡届により、印鑑登録は自動的に廃止されますので手続きは不要です。
印鑑登録証は、返却または破棄してください。

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 市民生活室 窓口サービス課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2050(管理・住基担当) 0797-77-2184(証明・郵便請求担当)
   0797-77-2066(年金担当)  0797-77-2217(マイナンバー担当)
ファクス:0797-76-2006
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。