エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 暮らし・手続き > マイナンバー > 独自利用事務について


ここから本文です。

独自利用事務について

ID番号 1020687 更新日  平成29年5月9日  印刷

独自利用事務について

独自利用事務とは

 当市において、番号法に規定された事務(いわゆる法定事務)以外のマイナンバーを利用する事務(以下「独自利用事務」という。)については、番号法第9条第2項に基づき条例で定めています。

独自利用事務の情報連携に係る届出について

 当市の独自利用事務のうち、情報連携を行うものについては、下記のとおり個人情報保護委員会に届出を行っており(番号法第19条第8項及び個人情報保護委員会規則第4条第1項に基づく届出)、承認されています。

執行機関 届出番号 独自利用事務の名称
市長 1 社会福祉法人による介護保険サービス利用者に対する負担の軽減に関する事務であって規則で定めるもの
市長 2 障害者に対するタクシー料金の助成に関する事務であって規則で定めるもの
市長 3 グループホーム等利用者に対する家賃等給付費の支給に関する事務であって規則で定めるもの
市長 4 軽・中度難聴児に対する補聴器購入費等助成金の支給に関する事務であって規則で定めるもの
市長 5 在宅重症心身障害者に対する訪問看護支援事業助成金の支給に関する事務であって規則で定めるもの
市長 6 障害者に対する住宅改造資金助成金の支給に関する事務であって規則で定めるもの
市長 7 知事の権限に属する事務に係る事務処理の特例に関する条例(平成11年兵庫県条例第53号)の規定に基づき本市が処理することとされた兵庫県心身障害者扶養共済制度条例(昭和45年兵庫県条例第18号)に関する事務であって規則で定めるもの
市長 8 生活に困窮する外国人に対する生活保護に関する事務であって規則で定めるもの
市長 9 指定保育所保育料に関する事務であって規則で定めるもの

 

届出1 社会福祉法人による介護保険サービス利用者に対する負担の軽減に関する事務であって規則で定めるもの

届出2 障害者に対するタクシー料金の助成金の支給に関する事務であって規則で定めるもの

届出3 グループホーム等利用者に対する家賃等給付費の支給に関する事務であって規則で定めるもの

届出4 軽・中度難聴児に対する補聴器購入費等助成金の支給に関する事務であって規則で定めるもの

届出5 在宅重症心身障害者に対する訪問看護支援事業助成金の支給に関する事務であって規則で定めるもの

届出6 障害者に対する住宅改造資金助成金の支給に関する事務であって規則で定めるもの

届出7 知事の権限に属する事務に係る事務処理の特例に関する条例(平成11年兵庫県条例第53号)の規定に基づき本市が処理することとされた兵庫県心身障害者扶養共済制度条例(昭和45年兵庫県条例第18号)に関する事務であって規則で定めるもの

届出8 生活に困窮する外国人に対する生活保護に関する事務であって規則で定めるもの

届出9 指定保育所保育料に関する事務であって規則で定めるもの

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

総務部 行政管理室 総務課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2006(総務担当) 0797-77-2024(情報公開・個人情報保護担当)
      0797-77-2033(法制担当)
ファクス:0797-72-1419
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。