エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 暮らし・手続き > 国民健康保険 > 国民健康保険税の減免について


ここから本文です。

国民健康保険税の減免について

ID番号 1000509 更新日  平成29年5月18日  印刷

宝塚市では失業等特別な事情により、国民健康保険税の納付が著しく困難となった世帯については申請に基づく減免制度があります。

下記の減免事由に当てはまる方については、納税通知書到着後、支払前、かつ納期限までに、納税通知書、印鑑と必要書類を国民健康保険課へご持参のうえご相談ください。

減免事由 必要書類
【災害】
災害または盗難にあい、資産に損失を受けた場合
被災証明書、罹災証明書
【疾病・医療】
国民健康保険被保険者の疾病・負傷により、多額の医療費(保険診療分に限る)を負担(保険等からの補填分を除く)したため、生活が経済的に圧迫されている場合

医療費領収書(今年1月以降の保険診療分すべて)

(保険外診療分や交通費は対象となりません)

【失業・休廃業】(65歳以上は対象外)
失業・休廃業により収入が途絶えた場合


会社都合による失業(非自発的失業者)は別途ご相談ください

次のうちいずれか
  • 雇用保険受給資格者証
  • 離職票
  • 退職証明書
  • 廃業証明書
【所得の激減】
 業績不振等により、前年中の所得に比べて、今年(1月~12月)の所得が半分以下の見込みとなる場合
(65歳以上は対象外)
  • 減免申請する年の収入見込みのわかる書類(給与明細、源泉徴収票等)
  • 営業の方は売り上げ等の見込みと必要経費明細書
【最低生活の維持困難】
世帯全体の合計収入が少なく、最低生活の維持が困難な場合
世帯全員の収入状況のわかるもの(非課税収入や公的扶助、仕送り等を含む全て)

(注意)

以下に掲げる事項に該当するものは減免の対象となりません。

  • 世帯全員の前年中の合計所得(各種控除前の所得)が1,000万円以上のとき
  • 納期限の過ぎた保険税、支払済みの保険税
  • 前年の所得が譲渡所得・一時所得等のとき

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 市民生活室 国民健康保険課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2063(給付担当) 0797-77-2065(資格・賦課担当)
ファクス:0797-77-2085
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。