エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 暮らし・手続き > 国民健康保険 > 国民健康保険高額療養費制度及び高額介護合算療養費制度が変わります


ここから本文です。

国民健康保険高額療養費制度及び高額介護合算療養費制度が変わります

ID番号 1019566 更新日  平成29年6月28日  印刷

国民健康保険高額療養費制度の改正について

 この改正が適用されるのは、70歳から75歳未満の方の国民健康保険高齢受給者証をお持ちの方で、平成29年8月診療からと平成30年8月診療からの2回に分けて改正されます。

 一般所得区分については、高額療養費の自己負担限度額(月額)の変更と年間上限額が設定されます。また、現役並み所得区分については、自己負担限度額(月額)の変更と区分が3区分に細分化されます。(自己負担限度額や年間上限額を超える医療費については「高額療養費」として宝塚市より支給されます。)

 なお、低所得者区分の改正はありません

高額療養費の改正

※多数回該当とは、高額療養費の支給が過去12カ月間に同一の世帯で4回以上あった場合、4回目以降の支給対象が()内の自己負担限度額になります。

※課税標準額とは市民税の課税所得金額を示します。

高額介護合算療養費制度の見直しについて

 平成30年8月から70歳から74歳の国民健康保険高齢受給者証をお持ちの方で、現役並み区分の方の区分が細分化されます。

高額介護合算の改正

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 市民生活室 国民健康保険課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2063(給付担当) 0797-77-2065(資格・賦課担当)
ファクス:0797-77-2085
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。