エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 暮らし・手続き > 窓口サービス > 本人通知制度


ここから本文です。

本人通知制度

ID番号 1012151 更新日  平成29年6月16日  印刷

本人通知制度

本人通知制度とは

市が住民票の写しや戸籍謄抄本等の証明書を本人等の代理人や第三者に交付した場合に、事前に登録された方に対して、証明書を交付した事実を通知する制度です。この制度は、住民票の写しや戸籍謄抄本等の証明書の不正請求を抑止し、不正取得による人権侵害を防止することを目的としています。第三者とは、住民票の写しにおいては、「同一世帯の方」以外の方、戸籍謄抄本や戸籍の附票においては、「戸籍に記載されている方、その配偶者、直系尊属・直系卑属」以外の方であり、個人、法人、八士業(弁護士、司法書士、土地家屋調査士、税理士、社会保険労務士、弁理士、海事代理士、行政書士)をいいます。本制度は平成27年8月3日から開始し、事前登録の受け付けを随時行っています。

事前登録について

この制度を利用される方は、事前に登録の申し出をしていただく必要があります。

事前登録者数(平成29年5月末現在)

住民票と戸籍両方 住民票のみ 戸籍のみ 合計登録者数
   204人  173人  19人

  396人

 

登録できる方

宝塚市の住民基本台帳又は戸籍の附票に記録されている方(除かれた方を含む)、宝塚市の戸籍に記載されている方(除かれた方を含む)※ただし、死亡された方や住民票が職権消除された方等は登録できません。

受付窓口

宝塚市役所1階窓口サービス課証明発行窓口で受け付けを行っており、各サービスステーション、各サービスセンター、人権文化センターでは、申出書等の預かりのみを行います。各人権文化センターでの預かりは、平日の午前9時から午後5時30分に行います。

事前登録の申し出に必要なもの

【窓口の場合】                                            

1. 宝塚市本人通知制度登録申出書

2. 窓口へ来られる方の印鑑 

3. 窓口へ来られる方の本人確認書類(運転免許証や旅券等の場合は1点、健康保険証や年金手帳の場合は2点必要です。)

4. 登録者本人の住所が宝塚市でない場合は、住民票の写し。ただし、宝塚市に本籍があり戸籍の附票の写しで住所を確認することができる場合は不要です。

5. 代理人の場合は、登録者本人の本人確認書類の写し(運転免許証や旅券等の場合は1点、健康保険証や年金手帳の場合は2点必要です。)

6. 任意代理人の場合は、委任状 

7. 法定代理人(未成年者の親権者、成年後見人等)が申し出する場合は、戸籍謄本等、代理権限が確認できる書類。ただし、宝塚市に本籍があり、市で法定代理人の資格を確認できる場合は不要です。

 

【郵送及び各サービスステーション、各サービスセンター、人権文化センターでの預かりの場合】 

必要な書類等は、上記【窓口の場合】と同じですが、登録者本人や代理人の本人確認書類については、確認書類の写しの提出が必要です。       

(郵送先)〒665-8665 宝塚市東洋町1-1 宝塚市役所 窓口サービス課

登録期間

登録期間は、無期限です。ただし、死亡された場合や、交付通知書の送達先が不明となった場合は、登録が抹消されます。

本人通知書について

事前登録者の方の住民票の写しや戸籍謄抄本等を、本人等の代理人や第三者に交付した場合に、その交付した事実をお知らせします。その内容は、次のとおりです。

交付年月日、交付証明書の種別、交付部数、交付請求者の種別(本人等の代理人、第三者) ※請求者の氏名や住所等をお知らせするものではありません。

 

通知対象となる証明書の種別

1. 住民票(住民票の写し、消除された住民票の写し、市様式の住民票記載事項証明書)               

2. 戸籍(戸籍謄抄本、一部事項証明書、戸籍の附票の写し)                         

3. 除籍(除籍謄抄本、一部事項証明書、消除された戸籍の附票の写し)                      

4. 改製原戸籍(改製原戸籍謄抄本)

変更や廃止の届出について

登録後に氏名や住所が変わった場合は、必ず「宝塚市本人通知制度登録事項変更兼廃止届出書」を提出してください。変更のお届けがない場合は、本人通知書が届かない可能性があり、本人通知書の送達先が不明となった場合は、登録が抹消されますので、必ず変更届の提出をお願いします。また、登録を廃止したい場合も届出をしてください。変更や廃止届出に必要なものは、下記のとおりです。

【窓口の場合】                                            

1. 宝塚市本人通知制度登録事項変更兼廃止届出書                            

2. 窓口へ来られる方の印鑑                                       

3. 窓口へ来られる方の本人確認書類(運転免許証や旅券等の場合は1点、健康保険証や年金手帳の場合は2点必要です。)          

4. 代理人の場合は、登録者本人の本人確認書類の写し(運転免許証や旅券等の場合は1点、健康保険証や年金手帳の場合は2点必要です。)                                             

5. 任意代理人の場合は、委任状                                      

6. 法定代理人(未成年者の親権者、成年後見人等)が届け出る場合は、戸籍謄本等、代理権限が確認できる書類。ただし、宝塚市に本籍があり、市で法定代理人の資格を確認できる場合は不要です。

7. 登録者本人の住所が宝塚市でない場合は、住民票の写し。ただし、宝塚市に本籍があり戸籍の附票の写しで住所を確認することができる場合は不要です。

 

【郵送及び各サービスステーション、各サービスセンター、人権文化センターでの預かりの場合】       

必要な書類等は、上記【窓口の場合】と同じですが、登録者本人や代理人の本人確認書類については、確認書類の写しの提出が必要です。

(郵送先)〒665-8665 宝塚市東洋町1-1 宝塚市役所 窓口サービス課

開示請求について

本人通知書の内容を詳しく知りたい方は、宝塚市個人情報保護条例に基づき開示請求することができます。ただし、第三者の個人氏名等については、不開示となる場合があります。

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 市民生活室 窓口サービス課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2050 0797-77-2066(年金担当) 0797-77-2184(郵便請求)
    0797-77-2217(マイナンバー担当)
ファクス:0797-76-2006
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。