エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 暮らし・手続き > 各種証明 > 住民票・印鑑証明


ここから本文です。

住民票・印鑑証明

ID番号 1000180 更新日  平成29年2月3日  印刷

住民票の写し等

証明の種類

証明種類 注意事項

手数料

(1通)

住民票の写し 申し出がない限り、本籍・続柄等は省略しております。 300円
住民票記載事項証明書

住民票を簡略化した証明です。

住民票とは異なりますので、提出先によくお確かめください。

300円
除票 転出または死亡により除かれたもの。5年以内に限ります。 300円

※以下の項目を記載する場合は、本人または同一世帯の方に、官公署発行の写真付きの本人確認書類を1点(運転免許証等)、あるいは公的な機関が発行した本人確認書類を2点(健康保険証と年金手帳等)、提示していただく必要があります。
本人または同一世帯の方が健康保険証等1点のみで申請される場合、および委任状を預かった代理人が申請される場合は、その場では証明書をお渡しせず、ご本人のご自宅あてに送付させていただくことになりますのでご了承ください。

平成14年8月5日以降に市町村からそれぞれの世帯に通知されている、官公署の指定された事務にのみ用いられる11ケタの番号です。年金事務所など、多くは手続きをされる際の書類に番号を記載するだけですが、通知書を紛失されて番号が分からない時などに、住民票コード記載の住民票が必要になる場合があります。

平成27年10月5日以降に市町村からそれぞれの世帯に通知されている、社会保障・税・災害対策の分野で用いられる12ケタの番号です。勤務先や金融機関など提出先が多岐にわたり、多くは通知カードと免許証等の本人確認資料を提示することとなっておりますが、記載ミスを防ぐためか、会社等で個人番号記載の住民票を提出するよう求められる場合があります。

※銀行や生命保険会社等から亡くなられた方の住民票除票にも個人番号を求められるケースが増えておりますが、番号の記載は同一世帯の方に限られているため、別世帯の遺族からの請求にこれを記載することはできません。故人の通知カードやマイナンバーカードなどで個人番号が確認できない場合は、その旨を提出先にお伝えいただきますようお願いします。

コンビニ交付が始まっております

時間中に窓口に来ることができない方は、郵便請求のほか、下記の方法でも証明書を取ることができます。ただし、ご用意の必要なものや記載内容が異なるなど様々な条件がありますので、それぞれのリンク先に記載されている注意事項をよくお確かめの上、ご利用ください。

住民票コードは記載されません。宝塚市のコンビニ交付を利用するには、マイナンバーカードが必要です。

本籍や前住所などは記載されません。本人あるいは同一世帯の方の申請に限られ(委任状不可)、官公署発行の写真付き本人確認書類が必要です。また、書類に記載される住所が旧住所のままでは受けられませんので、先に住所変更手続きをすませてください。

請求できる方

 本人・本人と同一世帯の方は請求することが出来ます。
 同住所でも世帯を別にされている方、代理人の方は、委任状が必要になります。
 請求される方は、マイナンバーカードや住基カード、運転免許証や旅券などのご本人確認書類を原本でお持ちください。
 保険証など2点以上必要となるものもありますので、詳しくは下記のリンク先をご確認ください。

窓口に来られる方(請求者)の本人確認を行っています

マイナンバーカードや住基カード、運転免許証や旅券などのご本人確認書類を原本でお持ちください。
保険証など2点以上必要となるものもありますので、詳しくは下記のリンク先をご確認ください。

代理人が申請される場合

代理人の方は、上記本人確認書類とともに委任状もご持参ください。

※住民票コードや個人番号(マイナンバー)を記載した住民票を申請された場合、窓口で証明書をお渡しすることはできません。先に窓口で手数料をいただいたうえで、証明書はご本人の住民登録住所へ送付させていただくことになりますのでご了承ください。(番号整備法施行に伴う住民基本台帳事務処理要領改正第2-(1)-1-ア-(オ)および(カ)より)

請求する正当な理由(権利・義務)がある場合

 第三者が自己の権利を行使または義務履行のために住民票の写し等を請求する場合は、請求理由を明らかにする疎明資料が必要です。
 法人が請求する場合は、疎明資料(契約書の写し等)とともに法人印または代表者印を押した申請書と、窓口に来られる方の本人確認資料および社員証等が必要です。
※郵便で請求される場合は、上記のほかに登記事項証明等の法人所在地を証する書類も必要となります。

印鑑証明

必ず「印鑑登録証」をご持参ください

    印鑑登録証明  1通 300円

ご本人が来られる場合、印鑑登録証と本人確認書類をご持参ください。

郵便での請求には応じられません
 代理人が来られる場合でも、印鑑登録証と代理人の本人確認書類が必要です。

印鑑証明は、住民登録地での証明です
 他市から転入してこられた場合、前住所地での印鑑登録は住民票とともに消除されます。
 宝塚市で印鑑証明が必要な方は、登録の手続きからしていただく必要があります。

コンビニ交付が始まっております

マイナンバーカードをお持ちの方は、お近くのコンビニで印鑑証明を取ることができます。
ただし、
 ※印鑑登録をされていない方は、先に登録が必要です。
 ※市の窓口に来られる時には、従来通り印鑑登録証が必要です。

海外在住の方は

国内に住民登録をされていない方は、印鑑証明に代わるものとして署名証明などがありますので、詳しくは現地の公証人(在外公館)等にお問い合わせください。

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 市民生活室 窓口サービス課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2050(管理・住基担当) 0797-77-2184(証明・郵便請求担当)
   0797-77-2066(年金担当)  0797-77-2217(マイナンバー担当)
ファクス:0797-76-2006
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。