エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 暮らし・手続き > 各種証明 > 戸籍関係証明


ここから本文です。

戸籍関係証明

ID番号 1001420 更新日  平成29年3月27日  印刷

 戸籍は家族の関係など個人のプライバシーに深く関わるものですので、記載内容をよく理解されたうえで適切に取り扱ってください。
 また、出生や死亡、婚姻などの戸籍届出を出された場合は、証明書が交付できるようになるまでに日数がかかります。いつ、どこの市町村に届出をされたか、本籍地の市町村であるかなどを確認の上、事前に交付できる状態であるかをお問い合わせください。
 ※個人の方が郵便で請求される場合、送付先は住民登録住所です。住所変更をされていない単身赴任先や進学先の居住地などに送ることはできませんので、代理の方に請求していただくか、郵便局で転送手続きをされるなどの対応をお願いします。

主な戸籍証明

本籍地で請求できる証明

※請求される際は本籍を最後の地番までお書きください。一致しない場合はお返しすることになります。
市町村が本人に代わって個人の本籍を調べることはできません。ご不明の場合は、住所地で本籍記載の住民票を取得するか、運転免許証をお持ちの方は警察署などにあるIC免許証記載内容確認装置を利用する、などの方法でご確認ください。

証明種類 注意事項 手数料(1通)
全部事項証明(戸籍謄本) 本籍、筆頭者氏名、父母の氏名や生年月日、婚姻日などが記録されています。婚姻など戸籍の届出によって異動しますので、その戸籍に記載されている内容はそれぞれの方で異なります 450円
個人事項証明(戸籍抄本) 全部(謄本)の証明から、個人のみを抜き出して証明するものです。これも本籍地でのみ証明することができます 450円
除籍謄抄本 除籍謄本はその戸籍に記録されている方全員が婚姻や死亡、あるいは転籍などにより除かれたもので、抄本は個人のみを抜き出したものです 750円
改製原戸籍謄本 昭和30年代の改製で消除されたものと、平成12年11月25日の改製で消除されたものとがあります 750円
戸籍附票の写し

戸籍とともに附票も改製しますので、以前の附票も必要な方は2通請求していただくことになります

(平成5年11月1日以前の附票は保存年限満了に伴い廃棄しております)

300円

本市では、証明書の外国語への翻訳等は行っておりません。必要な方はご自身で翻訳されるか、あるいは専門の方に依頼してください。また、提出先によっては外務省の公印確認(アポスティーユ)を求められる場合がありますので、詳しくは外務省のホームページをご覧ください。

請求できる方

 同じ戸籍の方、直系尊属(親や祖父母)・直系卑属(子や孫)の方は請求できます。
 ただし、子・孫・祖父母であっても、宝塚市の戸籍簿等で関係が確認できない方は、関係の分かる戸籍謄本または委任状が必要です。

窓口に来られる方(請求者)の本人確認を行っています

マイナンバーカードや住民基本台帳カード(写真付き)、運転免許証や旅券などのご本人確認書類の原本をお持ちください。(いずれも有効期限内のものに限ります)
保険証など2点以上必要となるものもありますので、詳しくは下記のリンク先をご確認ください。

代理人が申請される場合

代理人の方は、上記本人確認書類とともに委任状もご持参ください。

請求する正当な理由(権利、義務)がある場合

 その戸籍に記載されている方以外で、自己の権利を行使または義務履行のために戸籍謄本等を請求する必要がある場合は、その理由を明らかにする疎明資料が必要です。続柄や請求理由によって必要書類が異なる場合もありますので、詳しくは請求前にお問い合わせください。
 また、法人が請求する場合は、法人印または代表者印を押した申請書と、窓口に来られる方の本人確認書類および社員証等が必要となりますが、請求理由によって必要な疎明資料が異なりますので、請求前にお問い合わせください。

その他の証明

特に、下記の請求をされる方は注意事項をよくご確認ください

本籍地で請求できる証明

証明種類 注意事項 手数料(1通)
独身証明 本人以外は申請できません
(委任状も不可です)
300円
身分証明 
(禁・準禁治産または後見の登記の通知を受けていない証明)
四親等以上は委任状が必要です 300円
身分証明 (破産の通知を受けていない証明) 本人以外は全て委任状が必要です 300円

 ※身分証明には2つの項目があります
 1項目ごとに手数料が必要です。どの項目が必要か、提出先によく確認したうえでご請求ください。 
 また、本籍地市町村で交付される身分証明とは別に、法務局で交付される「登記されていないことの証明書」(平成12年4月1日以降に成年被後見人、被保佐人等の登記がされていないことの証明)というものがあります。詳しくは法務省のホームページをご覧ください。

届出を出した市町村で請求できる証明

証明種類 注意事項 手数料(1通)
受理証明書 届出人として署名をした方が請求できます 350円
届書記載事項証明書 請求できる事由、交付期間等が細かく決められており、また疎明資料が必要な場合がありますので、請求前に必ずお問い合わせください 要問合

 

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 市民生活室 窓口サービス課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2050(管理・住基担当) 0797-77-2184(証明・郵便請求担当)
   0797-77-2066(年金担当)  0797-77-2217(マイナンバー担当)
ファクス:0797-76-2006
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。