エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 教育・子ども・人権 > 学校・保育所給食 > 学校給食 > 学校給食の内容


ここから本文です。

学校給食の内容

ID番号 1003610 更新日  平成28年4月2日  印刷

主食

米飯

精白米の量

小学校(特別支援学校含む)

低学年:65グラム
中学年:75グラム
高学年:85グラム

中学校

全学年:105グラム

  1. 回数:週3回
  2. 炊き込みご飯:バラエティーに富んだ米飯給食を進めるため、小学校で年間11回、中学校で年間13回の炊き込みご飯を提供しています。
  3. 米の産地:米は、財団法人 兵庫県学校給食・食育支援センターを通して、100%兵庫県産米を使用しています。
  4. 添え物:副食によっては、漬物、味付け海苔等をつける場合がありますが、減塩や合成保存料、合成着色料等を使っていない食品を選んでいます。
    ふりかけは、給食室での手作りです。

パン

普通パン、小型パンの使用量

小学校(特別支援学校含む)

低学年:普通パン 40グラム、小型パン 30グラム
中学年:普通パン 50グラム、小型パン 40グラム
高学年:普通パン 60グラム、小型パン 50グラム

中学校全学年

普通パン 70グラム、小型パン 60グラム

副資材配合率はいずれもショートニング8%、砂糖5%、イースト2%、食塩2%

  1. 給食用パンの安全性
    給食用のパンには、防腐剤、発酵促進剤、保水剤、乳化剤、着色料等は使用しておりません。
  2. パンの種類
    普通パン:コッペパン、丸型パン
    小型パン:副食に応じて小型パンになります。
    加工パン:月に1回程度使用します。(黒糖パン、さつまいもパン、カットチーズパン、ぶどうパン、アップルパン 等)
  3. 添え物
    季節の果物を使用したジャムやカスタードクリームは、全て給食室での手作りです。

牛乳

1個200ミリリットルの牛乳パック(紙パック)を提供しています。
また、紙パックは環境教育の一環として、ゴミとして処理せず、水で洗って回収します。
紙パックはリサイクルされ、トイレットペーパーやバケツになり、再度、学校や公共機関で使用されます。

副食

各学校の給食室で調理し、手作りの味を大切にしています

  1. 材料は、原則として国産を使用し、新鮮なものを厳選しています。
  2. 味付けは、食材のもつ自然な味を活かすため、塩分や糖分は控え、うす味に仕上げています。
  3. だしは天然だしを使用するため、いりこやけずり節を使用しています。
  4. シチューやカレーのルーは、小麦粉をバターで炒めた手作りルーを使用しています。
    大きな鉄釜で煮込んだおいしいカレーは、昔から子どもたちの人気メニューです。
  5. フライや天ぷらは、給食室で衣からつけて調理しています。
  6. 果物は国産を使用し、ゼリー等は手作りをしています。
  7. 加工食品(半加工品、冷凍食品)については、素材の内容の明確なものを使用しています。
  8. 有害な食品添加物等が含まれた食品は使用していません。
  9. 学年差や個人差に応じて、摂取のできるように配慮しています。

給食費(1食あたり)

小学校・特別支援学校:230円
中学校:270円

給食の年間実施回数

小学校

1年生:174回
2年生~6年生:180回

中学校

1年生:178回
2年生:173回
3年生:169回(卒業式の日程により変更あり)

特別支援学校

全学年:180回

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 管理部 管理室 学校給食課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁2階
電話:0797-77-2039
ファクス:0797-71-1891
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。