エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 教育・子ども・人権 > 人権・性的マイノリティ・平和 > 人権 > 新型コロナウイルス感染症の影響による誹謗中傷・風評被害について


ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の影響による誹謗中傷・風評被害について

ID番号 1037639 更新日  2020年4月16日  印刷

新型コロナウイルス感染症の影響による誹謗中傷・風評被害について

 新型コロナウイルス感染症の感染が拡大する中、宝塚市内においても感染した方がいらっしゃいます。

 そういった状況の中、宝塚市内でも、誤解や偏見、忌避意識などにより、医療機関や福祉施設の従事者、その家族に対する誹謗中傷や風評被害が見られます。

 このような時だからこそ、医療や福祉の現場の最前線で頑張っておられる方々を応援するとともに、不確かな情報に惑わされることなく、冷静に判断、行動することが大切です。

 敵は人ではなく、ウイルスです。新型コロナウイルス感染症からの不安が、人の気持ちに影響し、不当な偏見、差別、いじめ、SNS等での差別的な書き込みにつながっています。ぜひ、みなさまの冷静な行動で、このネガティブな「気持ちの感染」が広がるのを防ぎましょう。

このページに関するお問い合わせ

総務部 人権平和室 人権男女共同参画課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁2階
電話:0797-77-2013(人権相談に関すること) 
        0797-77-9100(人権啓発・男女共同参画・平和施策に関すること)
ファクス:0797-77-2171
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。