エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 教育・子ども・人権 > 人権・性的マイノリティ・平和 > 平和 > 平和首長会議への加盟について


ここから本文です。

平和首長会議への加盟について

ID番号 1000479 更新日  平成29年1月27日  印刷

 宝塚市は、2009(平成21)年7月1日、核兵器のない平和な世界の実現に向け、世界の都市が連携して核廃絶を呼びかけている「平和市長会議」に加盟しました。
 本市は、私たち人類が、広島・長崎の悲劇を二度と繰り返すことのないよう、また、市民一人ひとりが平和で安全な環境の下、幸せな生活を営むことができるよう、世界各国の都市と力を合わせて、核兵器のない平和な世界の実現に取り組んでいます。

平和首長会議とは
 1945(昭和20) 年8 月、広島・長崎両市は一発の原子爆弾により一瞬にして廃墟と化し、両市合わせて21 万人を超える多くの人々の尊い命が奪われました。原子爆弾は、その投下から70 年が経過した現在でも、放射線による後障がいや精神的な苦しみを市民に残しています。このような原子爆弾による悲劇が二度と繰り返されることのないよう、広島・長崎両市は一貫して世界に核兵器の非人道性を訴え、その廃絶を求め続けてきました。
 1982 (昭和57)年6 月24 日、ニューヨークの国連本部で開催された第2 回国連軍縮特別総会において、広島市長が、世界の都市が国境を越えて連帯し、共に核兵器廃絶への道を切り拓こうと、「核兵器廃絶に向けての都市連帯推進計画」を提唱し、世界各国の都市に連帯を呼びかけました。
 平和首長会議は、この趣旨に賛同する都市(自治体)で構成された機構です。1991(平成3) 年に国連経済社会理事会のNGO に登録されています。2017(平成29)年1月1日現在、世界162カ国・地域7,205都市の賛同を得ており、うち国内加盟は、1,741市区町村のうち1,658市区町村(95.2%)となっています。
 なお、2013(平成25) 年8 月6 日、「平和市長会議」から「平和首長会議」に名称変更しました。

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

総務部 人権平和室 人権男女共同参画課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁2階
電話:0797-77-2013(人権相談に関すること) 
        0797-77-9100(人権啓発・男女共同参画・平和施策に関すること)
ファクス:0797-77-2171
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。