エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 教育・子ども・人権 > 人権・性的マイノリティ・平和 > 平和 > 「平和を願う市民のつどい」を開催します。


ここから本文です。

「平和を願う市民のつどい」を開催します。

ID番号 1015986 更新日  平成30年6月26日  印刷

イベントカテゴリ: その他のカテゴリ

平和を願う講演会、平和のスピーチ

 宝塚市は、戦争や核兵器のない平和な世界の実現を願って平成元年(1989年)に「非核平和都市宣言」を行い、様々な平和の催しを実施して、戦争の悲惨さ、平和の大切さ、命の尊さを後世に語り継ぎ、平和な社会の実現を目指してきました。ご家族や知人の方などをお誘いあわせのうえ、ぜひご参加ください。

 

久郷ポンナレットさん(写真)
平和の語り部 久郷ポンナレットさん

日時

平成30年7月30日(月曜日)

開催時間

午後2時から午後4時まで

開場 午後1時30分

対象

どなたでも

施設

ソリオホール
阪急・JR宝塚駅下車すぐ

内容

1 平和のスピーチ

発表者  向井 和さん(平成28年度親子記者)

 

 小学5年生のときに親子記者に選ばれ、平成28年8月8日から11日まで長崎での非核平和に取り組みました。その際、平和に取り組む人々などを取材して作成した資料や取材を通して感じたことを発表します。

 

※親子記者とは、宝塚市が加盟する「日本非核宣言自治体協議会」が全国の会員自治体から募集。8月9日の長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典に参列し、平和に取り組む人等を取材し「おやこ記者新聞」を作成。新聞は全国の会員自治体に配付され、被爆の実相や平和の尊さを発信します。

 

 

2 講演会 

 

テーマ   世界には「生きるために命をかける子どもたちがいる!」 

 

講 師  久郷ポンナレットさん(平和の語り部)

 

1964年カンボジア・プノンペンに生まれる。1975年ポル・ポトによる暴政開始。両親ときょうだいの命を奪った相手に対して「憎まない、恨まない、仕返ししない」、「罪を憎んで人を憎まず」を実践し、起きたことを現実として受け入れ前向きに生きることがモットー。

 

  

定員

先着300人。当日会場へお越しください。

費用

不要

主催

宝塚市

協力

宝塚市平和事業検討委員会

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

イベント情報をGoogleカレンダーまたはiPhone・iPad端末からiCalendarに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

ヘルプ

イベント情報をGoogleカレンダーに取込みます。 パソコンから取込ボタンをクリックする場合は、スマートフォンでご利用のGoogleアカウントを使用してください。

ヘルプ

イベント情報をiCalendarに取込みます。 注意!
パソコンでスマホ表示をご覧になっている場合、イベント情報は取り込みできません。iPhone,iPad等の端末でご利用ください。

このページに関するお問い合わせ

総務部 人権平和室 人権男女共同参画課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁2階
電話:0797-77-2013(人権相談に関すること) 
        0797-77-9100(人権啓発・男女共同参画・平和施策に関すること)
ファクス:0797-77-2171
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。