エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 教育・子ども・人権 > 子育て支援 > 教育相談室の業務内容について


ここから本文です。

教育相談室の業務内容について

ID番号 1003649 更新日  平成26年12月6日  印刷

教育相談室では

子どもの健やかな成長を願って、教育上(発達、心理等)の様々な問題や悩みの相談に応じています。

相談内容

教育相談用プレイ室

  • 登校や登園をいやがる、友達と遊ばない、話をしない、乱暴、盗みや虚言を繰り返す、いじめる、いじめられる、不安感が強い等についての相談。
  • 言葉の遅れ、学業不振、就学等についての相談。
  • こだわりが強い、落ち着きがない、夜驚、その他気になる癖や習慣等についての相談。

相談にあたって

箱庭室

  1. 相談方法には、来所相談と電話相談があります。
  2. 来所相談場所は、宝塚市立教育総合センター2階の相談室です。
  3. 宝塚市在住の幼児から18才以下の子どもおよびその保護者、教職員の方ならどなたでも利用できます。
  4. 必要に応じて、継続的なカウンセリングや遊戯療法、発達検査等を行います。
  5. 相談には心理・医学・教育分野の専門家があたります。
  6. 相談内容については、秘密を厳守します。
  7. 相談者の希望に応じて、学校園や関係機関と連携します。
  8. 相談は無料です。

相談の申込み

  1. 来所相談は予約制です。(電話・ファクスで予約してください。)
  2. 相談日時は、月曜日から金曜日の午前9時から午後5時30分です。(祝祭日および年末年始は休み)
  3. 相談申込み・電話相談の専用電話:0797-87-1718 ファクス:0797-85-2282                                                        

青少年何でも相談ダイヤル
  1. 宝塚市在住の18才以下の青少年を対象に、電話相談を行います。
  2. 相談日時は、月曜日から金曜日の午前9時から午後7時です。(祝祭日および年末年始は休み)
  3. 相談専用電話:0797-84-0937
学校園カウンセリング講座

市立学校園の教職員を対象に、カウンセリングマインドを培い、子ども理解を深めるためのワークショップや研修講座を年に1回行います。

不登校の子どもたちに

学校に行きたくても行けない子どものための支援を行います。

適応教室「Palたからづか」

不登校の子どもが、学習指導やPalタイム(創作活動やスポーツ活動等)を通して、学習習慣を身につけたり友だちをつくったり集団生活に慣れたりできるよう、集団適応のための支援を行います。

  • 宝塚市在住の中学生を対象にした教室です。
  • 宝塚市立教育総合センター分室(スポーツセンター敷地内)で活動しています。
  • 利用にあたっては、まずは、教育相談にお申し込みください。

訪問指導

適応指導教室の訪問指導員が、学校を訪問して長期欠席の子どもについて教職員と情報交換したり、不登校の子どもの家庭を訪問したりして、学校や適応指導教室と家庭との関係をつないでいきます。

 

 

訪問ボランティア「Palふれんど」

世代の近い大学生や社会人が家庭を訪問し、話し相手や遊び相手になりながら、子どもの集団復帰への意欲を育てます。

  • 宝塚市在住の中学生以下の子どもが対象です。
  • 利用にあたっては、まずは、教育相談にお申し込みください。

 

中学卒業者対応「ルートパル」

中学校を卒業したひきこもりの子どもや高等学校不登校の子どもを対象に、相談や創作活動、スポーツ活動等を行い、社会復帰できるよう支援します。

  • 宝塚市在住の中学を卒業した18才以下の子どもが対象です。
  • 活動場所は、宝塚市立教育総合センターです。
  • 利用にあたっては、まずは、教育相談にお申し込みください。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 学校教育部 教育支援室 教育支援課
〒665-0827 宝塚市小浜1丁目2番1号
電話:0797-87-1718 ファクス:0797-85-2282
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。